現在公開中の映画『恋は雨上がりのように』で大泉洋とW主演を務めている小松菜奈。女優としてドラマや映画だけでなくモデルとしてもCMや広告に引っ張りだことなっている。

「彼女がいろんな媒体で呼ばれる理由は、はっきりしています。それは、みんな彼女のことが好きになるからなんです。小松さんは近年の売れている女優には珍しく、現場にひとりで来るんです。それも事務所のスターダストには『マネジャーがいるとスタッフさんたちと仲良くなれないから、来なくていい』と言ってるんです。そこで彼女はスタッフ全員の名前を覚えて、みんな名前で呼ぶんです」(映画スタッフ)

 そんな彼女にほれ込んでいるのは、もちろんスタッフだけではない。

「映画『渇き。』(2014)に彼女を抜擢した中島哲也氏をはじめ、『バクマン。』(15)大根仁氏、『坂道のアポロン』(18)の三木孝浩氏と、彼女のファンを公言している映画監督は少なくありません。彼女がすごいのは、男性だけでなく女性スタッフにも同じように接するので、同性の敵もいないこと。名前で呼ばれた人は当然、彼女のために必死になりますし、また彼女と仕事をしたいと思いますよね」(芸能事務所関係者)

 そんな彼女のライバルといえば、二階堂ふみや橋本愛の名前が挙がるが、今後は小松の独り勝ちになるのではという。

「やはり、末端のスタッフまで名前を覚えるというのは、誰にでもできることではありません。その人たちも、出世した暁には、絶対に小松さんを使いたいと思うでしょう。また彼女のすごいところは、親密度によって、名字で呼んだり下の名前で呼んだりしてるんです。みんな早く下の名前で呼んでもらえるように頑張っているのは、言うまでもありません(笑)」(映画関係者)

 売れっ子女優の将来は、安泰のようだ。

小松菜奈のインスタグラム(@konichan7)より