パラグアイ戦の4-2勝利を報道、乾と香川の活躍に注目

 日本代表が12日の国際親善試合でパラグアイ代表と対戦し、4-2で勝利した。韓国メディアも日本の勝利を大々的に報じ、「本大会に小さな希望を見出した」と称賛している。

 特に2ゴールを決めて勝利の立役者となった乾貴士について、スポーツ紙「MKスポーツ」は「乾、世界最高舞台の選手らしさがあった」との見出しを打ち、「スペインリーグのエイバルに加入した後、89試合11得点10アシストを記録。2018-19シーズンからはレアル・ベティスに移籍した」と紹介。さらに「(日本は)パラグアイ戦の前はAマッチ1分4敗と不振で、FIFAランキング32位のパラグアイに勝利できなければ、6試合連続未勝利のままロシアW杯に行くことになっていたが、乾の活躍でその心配を消し去った」と伝えた。

 また同紙は「香川真司の活躍も肯定的な要素」と紹介し、「攻撃的MFとしてフル出場し、1得点2アシストの逆転勝利に貢献した」と報じた。

 さらにスポーツ専門サイト「SPORTS Q」も、「昨年12月に韓国とEAFF E-1選手権で1-4の惨敗から未勝利の日本はW杯本大会を前に、今回の勝利で希望の光を見出した」と伝えている。


本田がボールを受けると「展開のスピードが落ちる」との指摘も

 この二人の活躍によって憂き目にあっているのが本田圭佑だ。この試合に出場しなかった本田について、韓国紙「スポーツソウル」は「偶然にも本田圭佑が抜けた状況の方が、試合内容はかなり良かった。今は下降線を辿っており、30代を過ぎてからは力が落ちている」と伝え、全盛期の動きではないと言い切る。

 さらにチームへの影響力の低下についても述べており、「日本は早いテンポで前に進むことを追求しているのに、本田がボールを受けると展開スピードが落ちるという短所が発生する」と指摘。だが、一方で同紙は「本田の経験は無視できない財産。本田がいないから日本の試合内容が良かったとは言い切れない」と伝えつつも、「ただ、本田らベテランを抜いた状況で、新たな姿を見せられた点は日本にとって幸いの結果だ」と、勝利の形を見出した日本の今後に期待を寄せていた。


(金 明昱 / Myung-wook Kim)

パラグアイ戦で2ゴールを決めた乾【写真:Getty Images】