50歳以上の方が「あの頃、私も若かったな〜」となるような懐かしい70年代の車をピックアップ!黎明期の60年代ほどのインパクトはないものの、自家用車が一般の家庭に普及し、我が家にも手が届きそうに思えたあの頃の名車を振り返ってみましょう。

①トヨタ セリカ
トヨタ セリカ 1970

スタイリッシュなノッチバックスタイルの初代トヨタ セリカは、頑張れば手に届く夢の生活を提供した車でもありました。

初代セリカの魅力は、なんといっても「フルチョイスシステム」。エンジン、ミッション、エクステリア、インテリアをユーザーがそれぞれの嗜好に合わせて選べるようにしたもので、自分好みの仕様をコンピュータを通じて発注するという、当時としては超画期的なオーダー方法でした。

②日産 フェアレディ 240Z-G
240Z-G

69年に登場したフェアレディZ。1971年に、L24を積んだ240Zがラインナップに追加されたときに生まれたモデルが、Gノーズを付けた240Z-Gです。

バンパー一体のフロントと前後にオーバーフェンダーを装備した姿は、多くの人に衝撃を与えました。

③スバル レオーネ
スバル レオーネ クーペ 1971

70年代のスバルを牽引したレオーネ。独特なクーペスタイルが特徴で、デザインはスバル1000のヨーロッパ車的な雰囲気から、アメリカ車的なワイルドな雰囲気に変化。当時としては珍しい穴あきタイプのヘッドレストを採用するなど、新しい手法を積極的に取り入れていました。

レオーネのトピックは、量産乗用車として世界で初めてとなる4WDモデルをラインナップしたことに尽きるでしょう。

④日産 スカイライン
ケンメリ

歴代スカイラインのなかで、もっとも多い67万台以上を売り上げたモデルが4代目のC110系。

エクステリアデザインは、ハコスカのサーフィンラインを生かしつつ、洗練された印象。2ドアハードトップは、先代のノッチバックからクーペスタイルに変更。バンやワゴンなどもラインナップされ、ボディ形状とグレードの組み合わせは、じつに37にものぼりました。

当時のCMにキャッチコピー「ケンとメリーのスカイライン」から、通称”ケンメリ”とも呼ばれていましたね。

⑤三菱 ランサー
三菱 ランサー 1200GL 1975

WRCラリーを席巻したランエボの祖が、初代ランサー。三菱のカローラサイズのセダンとして発表されたファミリー層向けのモデルでしたが、国際ラリーで活躍し、三菱のブランドイメージ向上に貢献しました。

また、1979年に2代目へと進化したランサーでは、4G63型 2.0Lエンジンにターボを装着したモデルをヨーロッパ向けに発売。これが、1990年代のランエボへと繋がります。

⑥日産 シルビア
日産 シルビア 1975

初代シルビアが1968年に生産終了した後、1975年に復活した2代目シルビア。スペシャルティカーとしてデビューした初代は、スカイラインとフェアレディに挟まれることになり、販売に苦戦。その反省のもとに生まれた2代目は、サニーのプラットフォームをベースに開発されました。

⑦ホンダ プレリュード
ホンダ  プレリュード 初代

ラストを飾るのはホンダ プレリュード。70年代のホンダといえば、シビックCVCCに代表される環境路線。そのなかで、FFのラグジュアリーカーとして1978年にプレリュードを発表しました。

走行安定性・車内の静粛性などを重視したプレリュードは、細かい部分も質の高いつくり。標準で電動サンルーフが備え付けられていたことがトピックで、以降、他メーカーもサンルーフを積極的に取り入れるようになりました。


まだまだ各メーカーの個性が強く打ち出されていた70年代の名車たち。当時の思い出や憧れが蘇ってきませんか?

50歳以上の方が「あの頃、私も若かったな〜」となる!? 懐かしい車7選