【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は13日、トランプ政権が米通商法301条に基づき、中国の知的財産権侵害に対抗する貿易制裁関税を早ければ15日にも発動する方向で準備を進めていると報じた。トランプ大統領が近く発動の是非を最終判断する。米国が対中制裁に動けば中国は報復も辞さない構えで、米中2大国が「貿易戦争」に突入する可能性が高まっている。

 米政権は先月29日、中国からの輸入品に追加関税を課す制裁の最終案を今月15日までに提示すると発表した。報道によると、トランプ氏は先週、政権高官と会い、関税発動に向けた準備を進めることで一致した。