2011年の東日本大震災から7年、当時はミネラルウオーターや生鮮食品が一気に店頭からなくなるなど、『非常食』や『備蓄品』に注目が集まりましたが、2018年現在、イザというときのアイテムはどのぐらい備えていますか?

『非常食』といえば、保存期間は長いものの、味はイマイチ、そして野菜などのビタミン・ミネラルが足りない、という残念なイメージも。しかし、6月10日に発売される「potayu(ぽたーゆ)」は、そのイメージを一新、非常時だけではなく、普段から食べたい、おいしいスープが誕生しました。

 製造は無添加調理で商品づくりを進めている『石井食品株式会社』。被災者の意見を基に、震災だけでなく、日常にある「困りごと」により、傷ついたり、悩んだり、疲れたりした心や体を癒す新しい食事をと、一般社団法人防災ガールとともに開発したのです。

 その特徴は、素材本来の味わいや美味しさを生かす“無添加調理”、国産玄米を使用、3種の野菜をベースにした味の3要素だそうです。早速、どんな“新しい”おかゆなのかチェック!

potayu corn(ぽたーゆ コーン)

コーンのつぶつぶ感、ジャガイモのホクホク感に癒される~
コーンのつぶつぶ感、ジャガイモのホクホク感に癒される~

 ほんのり自然な甘みが広がり、やさしい食感のほくほくじゃがいもと、たっぷりのスイートコーンが入っています。甘みと塩気のバランスがほどよく優しい味わい。とにかく癒されたいあなたにおすすめです。

potayu pumpkin(ぽたーゆ パンプキン)

カボチャのゴロッと感と、自然な甘さが、どこかホッとする味わい
カボチャのゴロッと感と、自然な甘さが、どこかホッとする味わい

 かぼちゃ本来のおいしさを活かし、小豆を一緒に入れて仕上げた“いとこ煮”のようなおかゆ。口に広がる素材の甘さがどこか懐かしく、身も心もじんわりあたためてくれるようなおかゆです。

potayu tomato(ぽたーゆ トマト)

3種の豆で女性にうれしいイソフラボンもおいしく摂り入れましょう!
3種の豆で女性にうれしいイソフラボンもおいしく摂り入れましょう!

 チキンと3種類のビーンズのおかゆ。レッドキドニー、ひよこ豆、レンズ豆とそれぞれ食感の違うビーンズを使うことで、おかゆなのに食べごたえも満点。程よい酸味で元気を出したいあなたを一押ししてくれます。

パッケージ。ストック食材として棚に飾ってもかわいいデザインです
パッケージ。ストック食材として棚に飾ってもかわいいデザインです

 そのままでも、温めてもおいしくあじわえる「potayu(ぽたーゆ)」は、常温保存であれば、賞味期限は、製造日を含め360日以内。『紀ノ国屋』一部店舗のほか、『石井食品 通信販売(ダイレクトイシイ)』などで購入できます。

 無添加調理で作られた素材本来の味わいや美味しさ、色鮮やかな野菜のおいしさを届ける玄米のおかゆ、「potayu(ぽたーゆ)」。食べるのが楽しみな非常食は、レギュラーのストック食料として、キープしておきたいですね。

●DATA

potayu(ぽたーゆ)

販売価格:各350円(税抜)
https://campaign.ishiifood.co.jp/potayu2018/

食楽web