東電ホールディングスの小早川智明社長は14日、福島県の内堀雅雄知事と面会し、福島第2原発について「4基全て廃炉の方向で検討に入っていきたい」と述べた。福島第2原発を巡り、東電が「廃炉」の方針を明言したのは初めて。内堀知事は「明確な意思表示をされたことを重く受け止めている。重要なスタート」と話した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

東京電力福島第2原発=本社ヘリから