小出恵介
(C)まいじつ

大阪府少年健全育成条例違反の疑いで昨年9月に書類送検され、同12月に不起訴処分となった俳優小出恵介の個人事務所夕顔』が、6月1日東京地裁から特別清算の協定案認可を受けた。負債総額は5億3305万円で、債権者は小出の前所属事務所アミューズ1社だという。

【関連】小出恵介が契約終了の「真相」と真っ二つに割れる評価 ほか

「協定案はアミューズの債権額(=5億3305万円)に対し、アミューズ夕顔への未払報酬債権1619万円を相殺。協定案認可後に夕顔アミューズ1000万円を支払うと同時に、残債権が免除される内容になっています。アミューズは5億円以上も回収不になりますが、2018年3月期に引当として全額計上しているとのことです」(芸記者

小出は昨年5月大阪市内で少女と飲して不適切な関係を持ったとして期限の芸活動停止処分となった。NHKドラマが放送中止になるなど、複数の賠償問題が発生し、各所との補償問題協議はアミューズが対応したことから、夕顔の負債の大半がアミューズが肩代わりした賠償とみられる。

小出アミューズの専属契約6月4日付で終了した。双方とも協定案について取材されると「内容はお答えできません」と答えている。

 

小出恵介「5億円」精算するも「再出発は不可能?」ハワイ・沖縄へ移住か

農業をして暮らすのではと噂されたが…

小出少女と飲、不適切な関係をもった印が悪過ぎて役者仕事は厳しいでしょう。自分で何か事業を始めるしかないかもしれません」(同・記者

一説には、ハワイ沖縄に移住して農業をして暮らすという話が流布されたが、この芸記者によると「本人は飽きっぽい性格なので理でしょう。小さな雑貨店などを影のオーナーとして経営する、というのはあり得ますが…」という。

小出はまだ34歳。役者としてまだまだ活躍していける年齢だ。

もしも事件を起こさなければ、海外からもいい仕事オファーが入っていました。ところが一小出チャンスを台しにしたのです。小出の残りの人生は“贖罪”で終わるでしょう」(同・記者

一線をえて未成年と飲の上、不適切な関係をもった事実小出人生に重くのしかかっている。