【元記事をASCII.jpで読む】

 COMPUTEX TAIPEI 2018でも、巨大なブースを展開していたMSI。同社の展示のなかで特に気になった新製品を紹介しよう。

B450チップセット搭載マザーボード
「B450 TOMAHAWK」

 第2世代Ryzenに対応するSocket AM4マザー「B450 TOMAHAWK」。PCI Express 3.0×16スロットとM.2スロットを1基づつ装備する。前作よりヒートシンクが26%大型化し、温度は10度低下するという。

第2世代Ryzen Threadripper対応マザーボード
「MEG X399 CREATION」

 X399チップセットを搭載するSocket TR4のマザーボード。最大32コアの第2世代Ryzen Threadripperを動作させるために19フェーズもの電源回路(VRM)を搭載している。

 PWM対応のファンを10基接続でき、温度センサーも3つ備える。M.2スロットを3つ備えるが、別売のM.2 SSDを4枚搭載できる拡張カード(後述)を装着すれば、合計7枚のM.2 SSDを実装できる。

ビデオカード風のM.2増設カード
「Xpander-Aero」

 一見するとビデオカードだが、これはPCI Express x16タイプの基板に4枚のM.2スロットを装備する拡張カード。基板には6ピンの補助電源を搭載し、SSDに安定した電力を供給できる。付属の大型クーラーを取り付けるとビデオカードにしか見えないところがおもしろい。

ギミック満載のヘッドセットスタンド
「Gaming Premium Stacker」

 ヘッドセットスタンドとデジタルフォトフレームとQi対応ワイヤレス充電装置が合体した製品。一番目を引くのは中央にある円筒形のデジタルフォトフレームだ。筒の中に液晶ディスプレーが埋め込まれており、映像がホログラムのように浮かび上がって見える。

 ここには、CPUやメモリーの使用率、マイニングのハッシュレートなどをリアルタイムで表示できるほか、480×800ドットのGIFアニメを登録しておくことで、任意の映像を映しだせる。

 デジタルフォトフレームの下には、USBハブを内蔵したQi対応ワイヤレス充電装置がある。本体から取り外して、ワイヤレス充電装置単体での使用も可能だ。

発光機能を追加したCPUクーラー
「Core Frozr XL RGB」

 既存のCPUクーラー「Core Frozr XL」にLEDを搭載し、ファンもRGB LED内蔵のものにしたCPUクーラー。LEDの電源はマザーボードのUSBヘッダピンから供給する仕組みで、MSIのイルミネーション管理機能「Mystic Light」に対応する。

ゲーミングキーボード
「GK60」

 キースイッチにCherry MX赤軸を採用するゲーミングキーボード。コストを抑えるため、バックライトはRGBではなく赤色のみの発光となる。キーボード底面のくぼみにマウスケーブルを通せるのが特徴で、マウスをキーボードの手前に置けるようになっている。

LEDとヘッドセットスタンドを内蔵する液晶
「Optix MAG271CR」

 リフレッシュレート144Hz、応答速度1msを誇る27インチ湾曲ゲーミング液晶。背面に同社のイルミネーション管理機能「Mystic Light Sync」に対応したRGB LEDを搭載しており、ユーザーが任意の色で発光させられる。また、音に反応して光るようにもできるとのこと。

 この液晶にはもう1つ特筆すべき点がある。それはヘッドセットのスタンドを内蔵していることだ。側面を押すとスタンドが飛び出し、使わないときは押し込むことでスタンドを収納できる。

 ゲーマーにとってヘッドセットは必需品であり、その置き場所にはわりと頭を悩ます。ディスプレーにヘッドセットを置けるのは実に便利。これはディスプレーメーカーには考えつかないギミックだと感じた。

ノートPC

 

MSIがVGA似のM.2増設カードなどブッ飛び製品を台湾で展示