2008年、東北4県で死者、行方不明者23人を出した岩手・宮城内陸地震から14日で、10年を迎え、被災地では祈りが続いた。建物が土石流にのみ込まれて7人が亡くなった宮城県栗原市栗駒の旅館「駒の湯温泉」近くの慰霊碑前には遺族や地元住民らが集まり、地震が発生した午前8時43分、静かに黙とうをささげた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

岩手・宮城内陸地震から10年を迎え、土石流に襲われた「駒の湯温泉」近くの慰霊碑前で手を合わせる菅原恵美さん。土石流で母高橋恵子さんを亡くした=宮城県栗原市で2018年6月14日午前8時41分、喜屋武真之介撮影