WWDC 2018の「Integrating Apps and Content with AR Quick Look」セッションで、macOS Mojave、iOS 12で使用できる、ピクサー・アニメーション・スタジオのオープンフォーマット「USDZ」についてAppleが解説している。

【その他の画像】

 USDZでは、リアリスティックなレンダリング、ARオンボード、ARスナップショット、デバイスの動きに合わせたオブジェクト配置、100%スケールビュー、ファイル共有、ボイスオーバーなど、様々な情報をサポートしている。

 このUSDZファイルをワイド表示するにあたり、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPad Pro (12.9-inch) といった搭載メモリサイズが大きいデバイスでテストするのが最適だそうだ。

 USDZファイルは、iOS 12またはmacOS Mojave環境であれば、アプリ内だけでなく、Safari上でも表示可能という。

 なお、100kポリゴンまで、ワンセットのテクスチャーは2048×2048 PBRまで、アニメーション10秒といった制限があるそうだ。

 そのUSDZフォーマットのテストファイルが「AR Quick Look Gallery」で公開されている。

 閲覧するにはiOS 12またはmacOS Mojave環境が必要。

[MACお宝鑑定団]

Integrating Apps and Content with AR Quick Look