いよいよロシアW杯が始まる。その舞台となるのが、ロシアの西部に位置する11都市の12のスタジアムだ。これらのスタジアムの建設と整備には8000億円以上が投じられたと報じられており、今年3月にはFIFAの最終的な視察が行われ、いずれのスタジアムも試合に支障のないことが確認された。

 だが、ロシアといえばソチ冬季五輪の際のずさんな工事を思い起こされる方も多いだろう。筆者はソ連・ロシア建築史を専門とする立場からW杯スタジアムの建設についても注目してきたが、今回も計画通り建設されたスタジアムはほぼ皆無で、度重なる設計変更や予算オーバー、建設会社の倒産など、問題が尽きなかった。そんな紆余曲折も含めて、ここではこれらロシアのスタジアムを紹介していきたい。

サマーラ・アリーナ 予算超過のUFO建築

 サマーラ・アリーナの特徴は、なんといってもメタリックな外観にある。都市の一番高い、つまり一番空に近い場所に位置しており、今まさに飛び立とうとしているUFOを思わせる。このデザインは、ソ連時代から宇宙工学の拠点であった都市サマーラの自負を示している。遠赤外線による客席暖房など設備も充実しているが、予算超過でデザインは二転三転し、2017年12月だった完成予定日は、今年4月のテスト・マッチ直前までずれ込んだ。

カザン・アリーナ スタジアム職人の仕事

 ロシア連邦は22の共和国から構成されている。カザン・アリーナはその中のタタルスタン共和国の首都に位置し、2013年にW杯スタジアムとしては最初にオープンした。建築家は、スポーツ施設を専門とする建築事務所Populous所属のオーストラリア人建築家デイモン・ラヴェリ。彼はソチ五輪のメイン会場であったフィシュト・スタジアムの設計者でもある。全体の形は睡蓮の花を模しており、ファサードは巨大なスクリーンになっている。

モルドヴィア・アリーナ 日本初戦の舞台

 6月19日に日本の初戦、対コロンビア戦が行われる予定のモルドヴィア・アリーナは、モルドヴィア共和国の首都サランスクに、今年4月にオープンした。太陽を表す赤や、サランスクの紋章の狐を表すオレンジのプレートに覆われた、とてもカラフルなスタジアムだ。その特色は、何といってもコンパクトさにある。フィールドから観客席までの距離は、最長でも90メートル。臨場感を重視するなら、断然モルドヴィア・アリーナでの観戦をお勧めする。

ヴォルゴグラード・アリーナ 第二次大戦の激戦地に

 日本・ポーランド戦の会場となるヴォルゴグラード・アリーナは、新設スタジアムの中では出色のデザインといえよう。外から内へ徐々に細く繊細になっていく壁面のトラス構造は、自転車のスポークをヒントに設計されている。またヴォルゴグラード(旧スターリングラード)は第二次大戦の激戦地でもあり、スタジアム付近のママエフの丘では、全長85メートルの《母なる祖国》像など、ロシアらしい巨大なスケールの戦争モニュメントを見ることができる。

ニジニ・ノヴゴロド 速やかな廃墟化が懸念される

 鉄筋コンクリートの巨大な列柱が屋根を支えるニジニ・ノヴゴロド・スタジアムは、開放的なデザインが一見格好よく見えるかもしれない。だが、思い出してほしい。ここは氷点下の気温が半年以上続くロシアだ。ほぼ吹きさらしのこの構造は、選手・観客・芝生のいずれにとっても過酷すぎる。オープンの1か月前になってようやく事態に気付いたニジニ・ノヴゴロド市議会は、担当建築家に事情を問いただしたが、明らかに遅すぎた。同スタジアムはW杯後に速やかに廃墟化するのではないかと、今から懸念されている。

ロストフ・アリーナ 工期延長とストの果てに

 当初の設計図によれば、ロストフ・アリーナはスタジアム脇のドン河をモチーフとする、二枚の屈曲した屋根をもつはずだった。だがここでも予算超過のため、元の優美な曲線からなる屋根は、何の変哲もない長方形へと変更を余儀なくされた。設計・施工を担当したゼネコン、クロッカス・グループは大規模なスポーツ施設の経験がなく、度重なる工期の延長や給与未払による労働者のストなど、竣工まで問題の絶えなかったスタジアムである。

カリーニングラード 施工請負会社は破産

 カリーニングラードは、かつてドイツに属し、ポーランド領を経て現在はロシアの飛び地という数奇な歴史をもつ場所だ。スタジアムの建設も一筋縄ではいかず、当初施工を請負っていたモストヴィッチ社は建設の途中で破産。ロストフ・アリーナと同じクロッカス・グループが、急遽工事を引き継ぐことになった。ベースとなっているのはヘルツォーク&ド・ムーロンの傑作アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン)だが、実際のカリーニングラード・スタジアムの規模はその半分程度で、見た目も工事中のアリアンツのような雰囲気が否めない。

フィシュト 高さがありすぎる観客席

 隆起した屋根が印象的なフィシュト・スタジアムは、ソチ五輪のメイン会場でもあったので、覚えている方も多いのではないだろうか。五輪後、同スタジアムはW杯のためにサッカーに特化したスタジアムへと改装された。ただし、この改装によって五輪時に明らかになった問題がすべて解消されたわけではない。たとえば、高さと強風によって試合よりもスリリングな体験ができると評判になった観客席(最後列は20階建てのビルに相当する)はほぼそのままの形で残されており、W杯でも同じスリルを味わうことができそうだ。

エカテリンブルク・アリーナ 急勾配吹きさらし

 エカテリンブルクでは、1950年代に建設されたスターリン様式の旧スタジアムを、W杯のために大幅改装した。ファサードはオリジナルのままだが、屋根が架けられ、ゴール裏には1万人分の観客席が仮設された。この地上40メートル、急勾配かつ吹きさらしの観客席は、現地でもさんざんネタにされている。上のフィシュト・スタジアムといい、ロシアでは観客席にスリルを求め過ぎではないだろうか。あるいは、客席での泥酔や乱闘を予防するための深慮遠謀なのか……。24日には日本・セネガル戦が行われる予定だが、現地で観戦される方はくれぐれも転落にご注意を。

サンクト・ペテルブルク ブラックニュースのオンパレード

 ロシアの北の首都サンクト・ペテルブルクの名を冠したスタジアムの設計者は、ロシアに縁の深い日本人建築家、黒川紀章。なので外観は彼が設計した愛知の豊田スタジアムとよく似ている。プレミア・リーグに属するスタジアムとしては最北に位置しており、冬の寒さから人と芝生を守るため、フィールドを完全に覆うことのできる屋根をもつ。ただその建設は幾度となく中断され、費用は当初の予算の約7倍、800億円以上に膨れ上がり、ロシアで最も高価なスタジアムとなった。多額の使途不明金が判明したり、北朝鮮から連れてきた労働者を奴隷のように働かせていたことが報道されたりなど、ブラックなニュースの絶えなかったスタジアムである。

スパルタク リーマンショックに右往左往

 モスクワの名門FCスパルタク・モスクワの本拠地。外面はスパルタクのチームカラーである赤と白のプレートに覆われており、正面にはチーム名の由来である古代ローマの剣闘士スパルタクスの像が配置されている。スパルタクは1922年設立の歴史あるクラブだが、長らくホームをもたなかった。ようやく1990年代になって拠点となるスタジアムの建設計画がもちあがるも、候補地はなかなか決まらず、リーマンショックの影響で計画は頓挫。最終的にスタジアムが完成を見たのは、2014年だった。

ルジニキ 独裁者スターリンの記憶が今も

 メイン会場となるのは、1980年のモスクワ五輪でもメイン会場を務めた、モスクワのルジニキ・スタジアム。ルジニキはスターリン時代に計画され、当初はレーニン記念中央スタジアムと呼ばれていた。1990年代後半にドームが増設され、今回もW杯のために2013年から改装工事が行われたが、スターリン時代のクラシックで重厚な外観は保存されている。

 ちなみに高い場所からルジニキを眺めると、それがモスクワの中心であるクレムリンから南西のモスクワ大学へと続く直線上にあることに気づくだろう。ソ連の独裁者であったスターリンは、その絶対的な権力によって、紙の上にペンで線を引くように地上に建築で線を引いたのだ。そのような時代の記憶を、このスタジアムは現在に伝えている。

(本田 晃子)

サマーラ・アリーナ FIFAホームページより