他のがんと違って乳がんは、専門のクリニック(19床以下の診療所)も多いのが特徴だ。がんセンターや大学病院とは違って、同じ病気の人たちが支え合うアットホームな雰囲気を気に入ってクリニックを選ぶ患者も多い。一方で、がん拠点病院で専門的な治療を受けたほうがいいケースもあるという。どのような考え方で乳がんの治療施設を選べばいいか、北海道がんセンターの髙橋医師にアドバイスをもらった。

髙橋將人(北海道がんセンター副院長)
旭川医科大学卒業後、北海道大学病院、千葉県がんセンター研究局を経て、2010年から北海道がんセンターに勤務。

――巷(ちまた)には乳腺科や乳腺外科を標榜するクリニックがたくさんあります。そのような小さな施設でも、乳がんは安心して治療できるでしょうか。

 まず、乳腺専門クリニックといっても、2種類あることを知っておく必要があると思います。

 一つは主に乳がんの検診・検査と診断までを行っているところです。そのような施設は基本的に乳がんの治療はしませんので、連携している医療機関に患者さんを紹介してくれるはずです。もし、きちんとした治療ができないところを紹介したら、自分のクリニックの評判にも関わりますから、信頼できる病院を紹介してくれることが多いでしょう。

 もう一つは、検診・検査、診断だけでなく、手術や薬物療法も行う自己完結型のクリニックです。放射線治療や乳房再建手術は別の病院と連携して行っているところが多いですが、クリニックであってもほとんどの患者さんは、きちんとした治療をしてもらえると思います。その日のうちに検査して、結果を出してもらえるなど、大病院とは違って、小回りが利くのがクリニックのよさです。

 ただ、中には治療の難しい患者さんがおられます。そのような場合は、国の基準を満たした「がん拠点病院(がん診療連携拠点病院)」のような、より専門的な治療ができる医療機関での治療も考えていただければと思います。

周りのフォローも大切

――治療の難しい患者さんとは、具体的にはどのような人でしょう。

 乳がんは、増殖能が高いか低いか、ホルモン受容体が陰性か陽性か、HER2(がん細胞に多く発現するタンパク)が陽性か陰性かによって、5つのサブタイプに分けられています。このうち、「トリプルネガティブ」と呼ばれる、ホルモン受容体もHER2も陰性の方は、治療が難しく、化学療法(抗がん剤治療)が必要になります。また、HER2陽性の方も、ハーセプチン(HER2陽性の患者に使える分子標的薬)に加えて、化学療法が必要になります。

 標準的な化学療法は、決められた量とスケジュールをしっかり守って行うことが重要です。がん拠点病院で、乳がん診療の実績が豊富な施設なら、標準的な化学療法を受けられるでしょう。

 また、トリプルネガティブの人は、遺伝性の乳がんである可能性もあります。その場合、患者さん本人だけでなく、ご家族や近親者のフォローも大切になります。こうした体制は、専門性の高い病院でないと中々取れません。ですから、化学療法が必要なタイプにあてはまる場合は、乳がん診療の実績が豊富ながん拠点病院などに相談してみるといいと思います。また、それ以前のこととして、自分がどのサブタイプに当てはまるか教えてくれない施設では、治療を受けないほうがいいと思います。

――クリニックには大病院にない良さがありますよね。私も乳がん専門クリニックを取材した際に、食堂に患者さんが集まって楽しそうにおしゃべりをしていて、「合宿みたいで、退院したくない」と話す光景を見たことがあります。

 そうですね。乳腺専門のクリニックには、乳がんの患者さんしかおられません。ですので、みなさんがお互いに病気や治療のつらさを理解することができ、励まし合ったり支え合ったりできます。また、クリニックのスタッフも乳がんの患者さんと常日頃から触れ合っているので、アットホームな雰囲気づくりができるでしょう。

 逆に、がん拠点病院のような大きな病院だと乳がん以外のがん患者さんもいますし、大学病院や総合病院の場合はがん以外の患者さんもおられます。我々も患者さんに温かく接する雰囲気作りに努めていますが、クリニックと同じようにはいかないところもあります。

 ですから、あまり治療が難しくないタイプの乳がんの患者さんは、クリニックを治療施設の選択肢に入れていいと思います。ただしその場合も「ただ雰囲気がいいから」という理由だけで決めてしまわないで、きちんとした治療ができる施設かどうかを見極めてください。

 また、治療が難しい場合や他の治療が必要になった場合に、より専門性の高い治療ができる病院と連携しているかも、クリニックを選ぶ際には重要なポイントだと思います。もしクリニックでの診断や治療に心配や疑問があった場合は、遠慮なく専門性の高い病院等でセカンドオピニオンを求めてください。

――乳がん治療の専門性が高い施設だと、薬の臨床試験への参加を求められることもありますよね。

 はい。国に新薬の承認を求めるための臨床試験を「治験」と呼びますが、この場合、患者さんを新しい薬を使うグループと従来薬を使うグループとに無作為に分けて、効果を比較する方法(ランダム化比較試験)がとられます。

 患者さんも医師も、どちらに新薬があたるかわからない状態(二重盲検法)で行いますが、現在の臨床試験には高い倫理性が求められるので、どちらのグループに入ったとしても、患者さんには不利益がないように配慮しながら試験が進められます。

 つまり、きちんとした標準治療が行える体制がないと、その施設では治験をはじめとする臨床試験は実施できないのです。実は、クリニックの中にも、多施設共同で行われる臨床試験に参加している施設があります。ですから、臨床試験を実施しているかどうかも、治療施設を選ぶ一つの目安になるかもしれません。どこで臨床試験を実施しているか、医療側も積極的に情報公開していくことが必要でしょう。

 なお、臨床試験の被験者には厳密な条件が決められていますので、「新薬を使いたい」と患者さんが参加を希望されても、お断りする場合があります。また逆に、日本では条件に合っていても、「実験台になるのはイヤだ」と言って、参加を拒否される患者さんが少なくありません。

 前述した通り、臨床試験に参加しても、患者さんには不利益にならないような配慮がされていますし、未来の患者さんに有益な治療を提供するために行っています。ですから、患者さん方にもぜひ臨床試験の意義を理解していただきたいと思っています。

テレビ報道を鵜のみにするな

――最後に、乳がんが気になる方や、乳がん患者さんへのアドバイスをお聞かせください。

 実は最近、とても懸念していることがあります。有名人の方々が乳がんになって、テレビやネットなどで様々な報道がされるのはいいのですが、医学的に間違った内容が多いのです。困ったことに、テレビ等に呼ばれてコメントされる医師の中にも、間違ったことを言う方がおられます。

 ですから、マスコミの間違った情報に振り回されず、ぜひ医学的に正しい情報を得るようにしてほしいのです。たとえば、日本乳癌学会のホームページに『科学的根拠に基づく乳癌診療ガイドライン 2015年版』が公開されています。これを読めば、現時点で最も標準的な乳がんの診断や治療を知ることができます。

 また、ガイドラインの内容をよりわかりやすく解説した「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」のページも開設されています。ので、ぜひこれらの情報源を活用してください。それでももしわからないことがあれば、日本乳癌学会が認定する乳腺専門医に相談してください。

 最適な治療を受けるためにも、正しい情報を得ることが不可欠です。そのためにも、患者さん方には賢くなっていただきたいと思います。

(鳥集 徹)

©iStock.com