カメは人間と同じく肺呼吸。しかし、冬眠などにより、長期間にわたって水中で生活することもあります。では、その間、どうやって呼吸しているのでしょうか。

【画像】こんなのもいるのか! 生殖器官で呼吸するカクレガメ

 今回は“お尻の穴”から呼吸する能力を持つカメの雑学をご紹介します。

●「カメは肺呼吸。ただし、呼吸は尻からできる」って知ってた?

 カメには「総排出腔」という穴があり、これは名前の通り、さまざまな排せつ物を体外に排出する部位。トイレで言うところの「大」「小」が同じところから出るわけです。

 カメが長い間、水中にいることができるのは、体内に取り込んだ水から酸素を吸収する能力を持っているため。このとき、総排出腔の奥にある器官などが使われているのです。便利なケツだなあ。

 ちなみに、この総排出腔には生殖口としての役割も。2018年4月には「生殖器で呼吸するカクレガメが絶滅危惧種リストに加えられた」という衝撃的なニュースが、国内外で報道されています。

●主要参考文献

・カメの暮らしをのぞいてみよう(日本自然保護協会)

ハイスペック尻。