Netflixのオリジナルドラマ『宇宙を駆けるよだか』の予告編およびポスタービジュアルが公開された。

8月1日から配信される同作は川端志季による同名漫画が原作。告白された公史郎との初デートの日に、醜い容姿の同級生・然子と体が入れ替わってしまったあゆみが、入れ替わったことに誰にも気づいてもらえず絶望する中、あゆみに想いを寄せる火賀に支えられながら元に戻る方法を探るというあらすじだ。クラスで一番の人気者・火賀役に重岡大毅(ジャニーズWEST)、スポーツ万能な秀才・公史郎役に神山智洋(ジャニーズWEST)、美しい容姿のあゆみ役に清原果耶、然子役に富田望生がキャスティングされている。

公開された予告編では、幼なじみのあゆみ、火賀、公史郎が並んで歩く様子や、あゆみの目の前でビルの屋上から飛び降りる然子の姿、あゆみが入れ替わったことを誰にも信じてもらえない様子、火賀が「どんな姿してても分かるよ」とあゆみの頭を撫でる場面が映し出されている。またあゆみが想いを寄せていた公史郎が「俺が好きなのはあゆみちゃんの顔だ」と言い放つシーン、公史郎が火賀を屋上から突き落とそうとする様が確認できる。

ポスタービジュアルでは『宇宙を駆けるよだか』の作中で鍵となる赤い月が大きく配置され、その下に火賀、公史郎、あゆみ、然子がシンメトリーに構成されている。あわせてジャニーズWESTによる主題歌“アカツキ”の音源の一部が公開された。

重岡は「“外見か、中身か”というテーマに迫っていくストーリーで、サスペンス要素あり、どんでん返しもあり、ハラハラ観られるし、見た後に自分なりの思いが沸き上がってくると思います」とコメント。神山は「火賀、公史郎、あゆみ、然子の4人に共通しているのは、みんな誰かが好きだということですが、『アカツキ』は、そんな4人のどのキャラクター視点でも聴ける曲だと思います!」と語っている。
『宇宙を駆けるよだか』ポスタービジュアル ©川端志季/集英社 ©「宇宙を駆けるよだか」製作委員会