消費者庁が、外食チェーン店のキリンシティに対し景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出しました。販売していたメニュー「黒ビールカリー」などに、ビールが使用されていなかったことが判明したためとしています。

【画像】黒ビールカリー

 キリンシティによると、2015年1月13日~2017年9月25日までの期間、「黒ビールカリー」などで「新一番搾りスタウト(黒生)を使用」などと記載しながら、実際にはビールが使用されていなかったとのことです。なお、現在販売している黒ビールカリー関連料理については、「一番搾り(黒生)」を使用して販売しているとのこと。

 キリンシティでは、2015年1月13日~2017年9月25日までに対象商品を飲食したレシートを持ってきた場合、返金に応じるとのこと。返金期間は2018年8月31日までで、具体的には以下のメニューが対象となります。

・黒ビールカリー

・赤・黒ハーフ&ハーフ

・10種野菜の黒ビールカリー

・黒ビールカリーピザ

・“こがね鶏”のチキンカツカリー

・黒カリー煮込みのハンバーグ

・オム黒ビールカリー

・オム赤・黒ハーフ&ハーフ

・黒ビールカリーのドリア

・ごろごろ野菜の黒カリーココット

・ラム肉の黒キーマカレー

・スパイス香る黒ビール仕込みの牛スジドライカレー

・黒カレーたこ焼きピザ

キリンシティのプレスリリース