千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた同じ学校の元保護者会長渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の第8回公判が14日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)であった。渋谷被告は被告人質問で、事件当日について「息子と釣りに行く下見をしていた」などと述べ、改めて無罪を主張した。

 渋谷被告は、弁護人からリンさんが行方不明となった当日朝の行動を問われると、「(自分の)子どもを車で学校に送った」と説明。いったん帰宅した後、「息子と春休みに釣りに行く約束をしていた」とし、準備のため自宅近くにあるキャンピングカーに向かい、午後は下見に行ったと述べた。

 また、リンさんの家族に向けて、「見守り活動をしていたのに、守れずに申し訳ありませんでした」と話す一方、「通学路での事件は親の責任だとしか思えない」とも発言した。

 渋谷被告は初公判で、「検察側の主張は全て捏造(ねつぞう)されたもので、私は事件に関与していません」と無罪を主張していた。

 公判で検察側は、渋谷被告の軽自動車に付着していた血液のDNA型がリンさんのものと一致したなどと指摘。弁護側は「以前にリンさんが車に乗ったことがあり、その際に付着した可能性がある」などと主張していた。