少年院出身の女子大生アイドル、戦慄かなのさん19歳。

 この一行だけでも、アイドルのプロフィールとしては強烈である。アイドルグループ「のーぷらん。」を脱退後、講談社主催のオーディション「ミス iD2018」にてサバイバル賞を受賞。人形のような甘いルックスと、その過激な言動のギャップも大きな話題となっている。

 イメージが重要なアイドル業界で、彼女は自分をさらけだし、受け入れられようとしている。彼女は、なぜ現在のスタイルでアイドル活動をしているのだろうか。

 これからどういったアイドル・女性像が求められているのか、聞いてみた。

少年院出身の少女、アイドルになる

――少年院を出た後、アイドルになったきっかけは?

 スカウトされたのがきっかけでした。小さな頃から、モーニング娘。に憧れていたし、ダンスが好きだった。でも、私が王道のアイドルになれるわけもない。出所後に地下アイドルという存在を知って「これだったら私でもできそう」と思ったんです。

――アイドルは、イメージが大切になるお仕事ですよね。少年院にいた過去を公表したのは、なにがきっかけだったんですか?

 以前所属していたアイドルグループを脱退するまで、経歴は隠していました。ミスiDも、応募の時点では少年院にいたことは伝えていなかったんです。けど、最終面接のときに「何か爪痕残さなきゃ」って思って……言っちゃいました(笑)。

――最初に隠していたのは、事務所から言われて? 自分を隠すことに、葛藤はありませんでしたか。

 そうですね。黒髪で、キラキラな振る舞いをしてました。少年院出身を売りにして人気が出る訳がないと思ってたし、隠すのは当然だなって。と言っても地下アイドルなのでゆるいんですよ。そうすると、段々やりたい放題できるようになってくるんですよね。実際、当時メンバーと仲が悪くて、結構バチバチしていたんです。デビュー前日も口論になって、相手にお茶ブッかけちゃって(笑)。

――ええっ?!

 ある日、ライブのMCでこのエピソードを話したら、お客さんがドッと笑ってくれたんです。「こんなにウケるんだったら、もう隠すことなくない?」「もうぶりっ子しなくてもいいんじゃない?」って思うようになって、そこからだんだん素を出せるようになりました。

――過去や素性を受け入れてくれるファンを、しっかり掴んでいたんですね。そこからグループを脱退して、ソロ活動をはじめようと思ったのはどうしてでしょうか。

 自分がやりたいと思うものをやりたかったっていうものあるし、ソロなら私のことを好きな人だけが集まると思ったんです。大学受験が差し迫っていたタイミングでもあったし、まずは辞めてみることにしました。

――今のようにコラムを書いたり、素のキャラクターをさらけ出すキャリアプラン、もともと描いていたんですか?

 全然! 最初は、Twitterで自撮りとか載せてチヤホヤされるところから始まったし、芸能界に入ろうとも思っていませんでした。自分が好きな音楽作って、好きな振り付けでやって、それで稼げるなら超ラッキーじゃん! くらいの感覚ですね。

非行少女から支援側に
ミスiDを受けた理由

――ミスiDに応募したきっかけは?

 Twitterで面白いなと思っていた人が、ミスiD出身だったので応募しました。オーディションの温度感も、私にとってはお手軽さみたいなのがすごい楽で。受かったら事務所と契約する、というわけでもないし。だったらこれ出て、ちょっと結果残してみてもいいかなくらいに思ってました。

――最終審査で少年院出身だということを告白したとき、審査員はどんな反応だったんですか。

 女性審査員の方は引いてましたね。笑顔が消えて、口をポカーンとさせている方もいました。ゲラゲラ笑ってたのは、吉田豪さんとか(笑)。

――反応、分かれたんですね。

 もともと「施設」にいたということだけ伝えていたんですけど。少年院ってことは内緒にして、児童養護施設ってことにしようって思ってたんです。少年院ってなると、超重いじゃないですか。でも言っちゃいました。それで同情をひきたいわけではないから、ラフに明るく話すようにしています。

――公表後、ファンや周囲はどう変わりましたか?

 私はもうそういうキャラを隠さずにいるのに、アイドル時代からのファンには、私が過激なことを言うと病んじゃう人もいます。それは本当にやりづらいですね……もうファン辞めちまえよ! って思いますね(笑)。

――ポジティブな面では?

 経歴を公表してからはインタビューの依頼が増えたし、協力してくれる企業がいて、それでNPOをする話になってて…子ども食堂みたいな。あとは、少年院で生活してみて、少年院の先生(法務教官)って凄くいいな! と思ったんです。でも、非行少女や、虐待を受けている子の力になりたいなら、勉強して法務教官になるよりも、自分自身の影響力をつけたほうが手っ取り早いんじゃないかと思って。

――その想いが、ミスiDに繋がったんですね。

 本当は少年院のことを最後まで言わなくてもよかったんです。応募時点でTwitterのフォロワーが2万人いたし、実際にファイナルまで進んでたので。このまま言わなくてもいいかなと思ったけど、支援活動をするなら、もっと協力者を募ろうと思ったんです。私も虐待を受けていたので、その時の経験から……。協力してくれる人が現れてくれたから、少年院出身って言ってよかったと思います。

――非行少女から、支援側に。

 少年院に入ると、娯楽が勉強と読書しかないんです。授業で、犯した罪や家族について振り返る作文を書くのが本当に辛い時間だったんですね。現実逃避で、図書室にある本は全部読んだし、高卒認定資格も取得しました。経験ももちろんありますけど、もはやこの時期に読んだ本が全てなんじゃないかというくらい、受けた影響は大きいです。

世間から求められるアイドル・女の子像

――今、社会ではどんなアイドル像が求められていると思いますか。

 自分の言いたいことをちゃんと言える人です。でも意見も、ちゃんと突き抜けている人。わたしの少年院は行き過ぎだけど、「……アイドルなのかな?」くらいの人が増えてくれたら、生きやすいですね。絵恋ちゃんとか、やっぱり凄いですよ。オタクからのクソリプもバサッと面白く返してて。

――女性側からも、いろんな人が出てきたら「あ、これアリなんだ」「我慢しないで言っていいんだ」って、安心できるかもしれません。

 それこそ、アイドルが恋愛してもいいんじゃないかなって思いますよ。ガチ恋系のファンを増やしている子も、私生活は結構エグかったりする。それだったら、ひっそりと真面目にお付き合いをしている方が、断然いい。極端に恋愛に興味がないか、めちゃめちゃ男好きかのどっちかがアイドルとして跳ねるんですよ。法則っていうか…周り見ててもそう感じます。私生活で経験値上げて、それでオタクに還元しているんだから、それでよくない? って思っちゃう。

――ステージ上で輝いていればいい、と。

 アイドルの私生活まで踏みこもうとするのって、気持ち悪いと思うんです。恋愛禁止だとしても、誰もお前とつながらないよって思うし。でも、やっぱり地下アイドルだと距離感が近過ぎるのかな。

――今、戦慄さんは恋愛禁止を謳ってないですよね?

 はい。でも、できても隠さないですよ。彼氏できましたって、言っちゃうかもしれない(笑)。

――若い女性で、可愛いのに自信がなくてはっきり自分の意見を言えなかったり、愛されたいがゆえに、つい自分を偽ってしまう人も多いです。なかなか自分を出せない人については、どう思いますか。

 可愛くても自分に自信がない人、いっぱいいますよ。本当はギャルめのファッションが好きなのに、異性ウケを狙って甘めの服を着たりして。でも、ニーズを汲んで、それを実行できるのも、それはそれでいいことじゃないかなって思うんです。

――それはそれで、美しい努力だと。

 最初っから自分を全面に押して、「見て!」「理解して!」っていう人より、様子を見ながら「実はこういう感じでした」って後から言ったほうがいいこともある。アイドルも、それで離れていく人もいるけど、最初からファンがつかないよりはマシですよね。

――まさに、戦慄さん自身が体験した流れですね。

 でも、基本的に恋愛は素直が1番いいですよね。モテテクって、駆け引きが多いじゃないですか。それで釣れる人って実際どうなの? って思っちゃう。ぶりっこって、なんだか安っぽいイメージがあって。

――最後に、戦慄さんのアイドルとしての今後の目標は?

 つい口が悪くなっちゃうけど、もうTwitterの炎上とかはやめたい……。今までは、たくさんの人に見られている自覚がまったくなかったんですよ。変なバズり方は避けたいですね。最近は「戦慄はもう文化人枠だよな」とか言われるんですけど、全然狙ってないんですよ。Twitterでフォローしてくれている人の層も変わってきたけど、色眼鏡もあるだろうし。数だけ増えても……って感じなんですよね。たしかに、やってることはもうアイドルではないけど。あくまでも、もうちょっとアイドルでいさせて欲しいかな。

Text/小沢あや
Photo/なかむらしんたろう

AM