慰安婦を象徴する像の建立を巡り大阪市が姉妹都市提携の解消を決めた米サンフランシスコ市で市長選が行われ、13日、ロンドン・ブリード市議会議長(43)が当選確実となった。同市では初の黒人女性市長という。像は中国系の民間団体が設置し、同市議会が昨年寄贈を受け入れた。ブリード氏も像の寄贈に賛成している。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像=米サンフランシスコで、長野宏美撮影