●「バーミキュラ ライスポット」とは
「鍋屋が作った炊飯器」として、鋳物鍋メーカーの愛知ドビーから2016年12月に発売された「バーミキュラ ライスポット」(以下ライスポット)。それからわずか1年あまりで、要望の多かった小型版「バーミキュラ ライスポットミニ」(以下ライスポットミニ)が登場しました。「機能はそのままにサイズだけが小さくなりました」というメーカーのキャッチコピーどおりに、ご飯やお料理のおいしさ、そして使い勝手は維持されているのかが気になっている人も多いのではないでしょうか。今回は待望のミニサイズのライスポットをお借りして試してみました。

○そもそも「バーミキュラ ライスポット」って?

ライスポット、およびライスポットミニは、IH調理器具である、釜のような形をした「ポットヒーター」内部に、鋳物ホーロー鍋の「バーミキュラ」をセットして使用します。炊飯モードのほか、無水調理、発光調理、ロースト、炒め調理、スチームなど、数多の調理モードを備えています。

まずはライスポットミニのスペックのご紹介から。鍋部分の容量は、ライスポットの3.7Lから2.1Lに、直径は23cmから19cmへと小型化しました。数字だけ見る限りふた周りほど小さくなった程度ですが、実物は数字以上に「小さい!」という印象で、まさに卓上サイズ。キッチンカウンターはもちろん、棚の上、ダイニングテーブルなど、どこに置いても邪魔に感じない大きさで、その絶妙なサイズ感に脱帽です。

ライスポットは、ほかにはない洗練されたデザインや、炊いたご飯も作った料理も抜群においしいと評判でしたが、保管場所に困るサイズ感が理由で購入を見合わせていた人にはまさに望ましい製品だと思います。

炊飯器としては3合炊き用となるライスポットミニですが、1人暮らしや少人数世帯にはちょうどいい容量。1回の食事で消費するご飯の量が3合未満の家族であれば、炊飯器としても十分賄えるでしょう。

レギュラーサイズと同様に、炊飯コースは白米と玄米の2種類。それぞれ「ふつう」モードと「おこげ」モードが用意されており、白米には「おかゆ」モードもあります。炊飯量は1合から3合まで0.5合単位で設定可能。銘柄指定による炊き分け機能はないものの、水分量を調整することでお米をおいしく炊き上げられます。

筆者は最初、付属の計量カップどおり分量に合わせて水をセットしていたのですが、何度も使い込むうちに水加減ひとつでよりおいしく炊けることが次第にわかってきました。筆者宅でふだん食しているお米は「ハツシモ」という岐阜県産の銘柄。計量カップどおりだとベチャっとした炊き上がりで、ライスポットミニを使って間もないころは「冷めたご飯はおいしいけれど、炊きたては周りが言うほどおいしくない」というのが正直な感想でした。ところが、水加減を少し控えめにしてみたところ、炊きたてのおいしさが抜群にアップ。ライスポットミニの使い始めは、お米の銘柄や保存状態などに合わせて、ベストな水加減を模索する必要があるようです。

ライスポットやライスポットミニが一般的な炊飯器と異なる点は、「ポットヒーター」と呼ばれるIHヒーター部分が調理モードを備えている点。ライスポットに付属する鍋であるバーミキュラは、炊飯に特化して設計されているものの、通常の無水鍋としてガスコンロの直火で使用することも可能です。もちろん、ポットヒーターと合わせて使用すれば、ポットヒーターがセンサーで温度を検知しながら、自動で火力を調節してくれるため、手をかけずに最適な火加減で調理してくれます。鍋を焦がしやすく火加減が難しいとされる無水調理も自動制御によって、初心者でもおいしい料理が作れますよ。

●小さくなっただけじゃない! ライスポットミニの魅力って?
○小さくなって、炒飯を作りやすくなった!

……ここまでは、ライスポットと共通する特長。ライスポットミニにおける真の魅力は、サイズが小さくなったことで調理器具としての使い勝手や活用範囲が広がった点なのです。

ライスポットと同様に、ライスポットミニの調理モードは、中火、弱火、微弱火、保温の4つ。ライスポットで評価が高かったのは、「炒め鍋」としての性能です。センサーで鍋の中心温度を検知して、火力をコントロールしながら均一な加熱ができるせいか、特に炒飯が失敗なく上手にできると筆者の周りでは大評判でした。

ライスポットミニでも上手に炒飯を作れるのだろうかと気になり、真っ先に試してみたところ、その能力は健在。鍋自体が小さくなったことにより、炒飯を炒めづらくなったのではないかという懸念があったのですが、むしろ逆でした。作る分量にもよりますが、2人~3人前ほどであれば、むしろ鍋肌に沿ってヘラやしゃもじを返しやすくなっており、労働負担が減ったように感じます。冷やご飯をリメイクする調理器具としても、ライスポットミニは大活躍でした。

○調理家電としても使いやすいサイズ

調理器具として、ライスポットミニの優秀さを実感したのは「保温」機能です。ライスポットミニは、30度から95度まで1度刻みに温度設定が可能で、1分~360分(6時間)までタイマーをセットしておけます。この機能を使うことで、昨今流行りの低温調理や発酵調理もお手の物。ライスポットからある機能ですが、鍋のサイズが大きすぎず小さすぎずなライスポットミニだと、これらの調理がムダなく、とてもお手軽にできるようになりました。低温調理も発酵調理もそれぞれ専用の器具が必要なく、ライスポットひとつで済んでしまうって、物を増やさず一石三鳥にも四鳥にもなると思います。

ライスポットミニはさらに、パンやケーキを焼くときの調理器具としても大活躍。前述のように、保温機能を使えばパン生地の発酵に活用できます。鍋部分のバーミキュラは、オーブンにも丸ごと入れやすいサイズのため、パン生地を発酵させたらそのままパン焼き用の型として使えますよ。また、オーブンを使わなくても鍋ひとつでシフォンケーキやスポンジケーキなどを焼くことも可能。直径19cmという鍋のサイズが、パンやケーキ作りにもちょうどいい大きさなのです。

そして、1人~3人ほどの卓上鍋としてもちょうどいいサイズ。小ぶりなサイズのバーミキュラとポットヒーターはテーブルの上を占有しすぎず、ライスポットよりも出番の多い調理家電だと思います。

○メンテナンスはいうほど苦じゃない

ライスポットは鍋が錆びやすく、メンテナンスが大変という声も以前から聞かれますが、それは一般的な電気炊飯器と比べた場合の評価だと思います。メーカーからお借りした製品を1カ月ほど毎日使用たところ、確かに濡れたまま放置しておくとすぐに縁の部分にうっすらと錆が付いてしまいますが、スポンジなどで軽く擦ればすぐにキレイになります。ほかの鍋に比べて焦げ付きも少なく、1カ月間ハードに使用したものの、思った以上にキレイな状態を保てていました。メンテナンスに関しては、鍋炊飯派からするとむしろラクなほうではないかと感じました。
○結局買っちゃいました(笑)

コンパクト版として登場したライスポットミニですが、ただ小さくなっただけではなく、そのサイズ感により、炊飯のみならず、ライスポット以上に低温調理、発酵調理、卓上鍋としての使い勝手がよく、オールマイティーに使える調理家電だと実感しました。税別で64,800円(直販価格)とお安くはありませんが、これだけ使える万能調理器と考えればコスパは決して悪くない製品だと思います。あまりに素晴らしかったので、筆者はお借りした製品を返却したあと、自腹で注文してしまいました!
(神野恵美)

画像提供:マイナビニュース