【ソウル時事】河野太郎外相と米国のポンペオ国務長官、韓国の康京和外相は14日午前、ソウルの韓国外務省で会談した。12日の米朝首脳会談で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「完全な非核化」を約束したことを受け、日米韓3カ国が非核化に向け緊密に連携していくことを確認した。

 米朝共同声明には「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の文言はなかったが、ポンペオ氏は会談後の共同記者会見で「CVIDにコミットメントを持っている。安心してほしい」と明言。「完全な非核化が実現して初めて制裁解除の段階に移る」とも述べ、圧力を継続する方針を強調した。

 河野氏は日朝関係について「拉致を含めた問題解決につながる形で首脳会談が実現すればいい。その方向で今後、さまざまな調整が行われる」と語り、安倍晋三首相と正恩氏の会談実現を目指す考えを示した。