調査会社IPSOSなどが13日に発表した世論調査によると、米市民の51%が米朝首脳会談を含むトランプ大統領の北朝鮮対応を支持した。会談の成果を否定的にみる北朝鮮問題の専門家が多い中、世論の過半数からはお墨付きを得た格好だ。調査は会談後の12~13日、ネットを通じ米国人1000人以上に実施した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら