イタリアの日本情報サイトがザッケローニ元監督をインタビュー

 サッカー日本代表は12日の国際親善試合・パラグアイ戦に4-2で逆転勝ち。西野新体制3戦目で初勝利を挙げ、19日のワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ初戦・コロンビア戦に弾みをつけた。希望の光が見えてきた西野ジャパンに対し、前回大会で率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、母国イタリアの情報サイトのインタビューに応え、エールを送っている。

 4年前に日本代表の指揮を執り、ブラジルに乗り込んだイタリア人監督は母国の日本情報サイト「OHAYO」のインタビューに登場。現在はUAE代表を率いているザッケローニ氏だが、決戦を目前に控える“古巣”についても気にかけているようだ。

「日本はこれまでを振り返ってはいけません。彼らのテクニックと忍耐力を持ってゲームしなければいけない。これらをベースとしてチャンスを掴む必要があります。選手が選手としてあるチームでなければいけません。私が代表監督時のブラジルW杯直前の親善試合は良い試合でしたが、現在は少し違いますね。これが逆に良い結果になるかもしれません」

 ザッケローニ氏は現在の日本代表についてこう見ているという。ブラジル大会は直前にテストマッチで3連勝。メンバーも充実した年齢を迎えており、過去最強との呼び声も高かった。しかし、本大会は1分2敗でグループリーグ敗退。今回は対照的に戦前の評価は低いが、本大会は別物と分析している。

 急遽指揮を執ることになった西野監督については、こう言及している。

「彼は私より多くの事を知っているし、監督としての多くの経験もあります。心理的には良い方向に向かうでしょう。唯一(国外大会で)決勝トーナメントに進めた2010年W杯の栄光を忘れる必要はありません。この時はオカダサンという日本人監督でした」

日本人監督のメリットを強調「選手も指導がより分かりやすくなったでしょう」

「選手も指導がより分かりやすくなったでしょう。私にも素晴らしい通訳がついていてくれましたが、言語による言葉のあや、ニュアンスの違いはやはりあるので、監督にとっては問題が生じてしまいます」

 ザッケローニ氏は岡田武史元監督を引き合いに、日本人監督の方が意思疎通の面でスムーズにいくだろうと強調。西野監督の経験、手腕にも太鼓判を押している。その上で代表へアドバイスを送った。

「これまでの競争心を投げ出さないことです。私が代表チームと出会った頃はそこが難しい部分だと感じていました。日本代表のレベルは他の強豪国と並べるぐらい良いものとなりました。その頃から遠ざかった訳ではありません。このままシンデレラのような不当な扱いのままか、自分たちが何者であるかを今回見せつけるか、楽しみに見てみましょう」

 初戦の相手は4年前も対戦したコロンビアだ。当時は3戦目に対戦し、ザックジャパンの挑戦に終止符を打たれた相手だ。

「ハメス・ロドリゲスは大変脅威です。大変な試合になるでしょう。4年前と同じく、第1試合がキーとなり、それ次第でW杯の行方が決まってくるでしょう」

 こう強調したザッケローニ氏。初戦の大切さを強調し、そして何よりも日本の健闘を祈っていた。(THE ANSWER編集部)

アルベルト・ザッケローニ氏【写真:Getty Images】