オーストリア紙でW杯へ意気込みを語る 「僕らは母国を誇りにしたい」

 リバプールFWサディオ・マネは、今季公式戦20得点を決めるなど飛躍のシーズンを過ごし、セネガル代表の一員として意気揚々とロシア・ワールドカップ(W杯)へ参戦する。日本とも激突するグループHでの戦いについて「強力なグループ」と語るが、「ノックアウトステージへ進めるチャンスはある」と自信を漲らせている。オーストリア紙「ザルツブルガー・ナハリヒテン」が報じた。

 セネガルは初出場でベスト8入りを果たした2002年の日韓W杯以来、4大会ぶり2度目の大舞台となる。中心選手の一人であるマネは「チーム全体は非常にモチベーションがあって、みんながいい状態だと感じている」と語る。ナポリのDFカリドゥ・クリバリやモナコのFWケイタ・バルデなど、欧州クラブでプレーするタレントが揃うだけに躍進も期待される。

 グループリーグでは日本、コロンビア、ポーランドと対戦する。マネは「重大な相手が揃う強力なグループ」と警戒心を示すが、「それでも僕らにはノックアウトステージへ進めるチャンスがある。僕らは母国を誇りにしたいし、そのために全てを尽くすよ」と自信をのぞかせた。

 リバプールで実力に磨きをかける韋駄天は、ロシアの地でも輝きを放つことができるだろうか。


(Football ZONE web編集部)

マネがオーストリア紙でW杯への意気込みを語った【写真:Getty Images】