12日に放送された日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」に出演したフリーアナウンサーの神田愛花が、夫であるバナナマン・日村勇紀の後輩との関係について話す場面があった。

番組では青木さやかが、“男性の先輩に可愛がられてると自分まで先輩になったと勘違いする女性”とは友達になりたくないと切り出した。

すると、明石家さんまは「日村の後輩は“姉さん”って」と夫の後輩たちになんて呼ばれるのか質問し、神田は「そうですね。一応、日村軍団みたいなのがありまして。お付き合いしている時からやっぱり後輩さんは私と同じ年か1個上、同じなんですけど、“姉さん”ってなるんで」とお笑い芸人ならではの風習を明かした。

続けて神田は「やっぱり気をつけなきゃと思って、ずっと敬語で今でもしゃべってます」「私の実力じゃないですし、皆さんに“姉さん”って呼ばれるのは」と夫の後輩でも自身の立場をわきまえて接していると話した。

日村と神田の結婚発表は大きな話題となり、日村と親交のある星野源は、ラジオ番組で「知った時に本当に嬉しかったんで」と喜びを語っていた。

神田愛花、夫・バナナマン日村の後輩への振る舞い明かす