KDDIは6月8日、東京大学中尾研究室、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、次世代移動通信システム「5G」を使ったドローンからの4K映像のリアルタイム伝送実験の成功を発表。同社によると国内で初の成功例となるとのこと。

この実験は、千葉県にある東京大学の柏IIキャンパスにサムスン電子の5G装置を用いた実験エリアを構築して行われた。プロドローン提供のドローンに4K高精細カメラと5G対応のタブレットを搭載し、上空150mから5G(28GHz帯)を介してリアルタイムで安定した4K映像の伝送を可能にした。

将来的に、建物や橋梁などの設備検査や農作物の育成状況の確認といった農業支援、災害救助など、ドローンからの鮮明な映像を活用したサービスが提供できるようになるという。

 

▲実験の様子(左)と実験で使用したドローン(右)。

 
(Text by TKG)

 
●関連リンク
KDDI
プロドローン

KDDI、ドローンと5Gによる4K映像伝送に国内初成功