23人の死者・行方不明者を出した2008年の岩手・宮城内陸地震の発生から10年を迎えた14日、甚大な被害があった宮城県栗原市で追悼式が開かれた。写真は、遺族代表としてあいさつする菅原昭夫さん(左手前) 【時事通信社】