国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけ役の新キャストが、小林由美子に決定した。

しんのすけ役は、1992年4月の放送開始以来、26年3カ月に渡って矢島晶子が担当してきたが、矢島本人の申し出により、6月29日放送回を最後に降板することが決まった。“2代目しんのすけ”に抜てきされた小林は、「デュエル・マスターズ!」「PEACE MAKER 鐵」などで知られる声優。同番組の公式サイトでは、小林の起用理由を「これまで数々のテレビアニメや劇場アニメ、海外ドラマ、映画の吹き替え等で、元気いっぱいの少年、正義感あふれる男の子やちょっとドジな男の子、時にはキュートな動物キャラクターまで、さまざまな役を、かわいく、元気に、面白みたっぷりに演じてこられた小林さんこそ、これからまた新たなスタートを切る『クレヨンしんちゃん』の主人公・野原しんのすけを、明るく、真っすぐ、素直に、そして自然に演じていただけると考えてオファーをさせていただき、ご快諾いただきました」と明かしている。

小林は、国民的アニメの主演に挑むことに対して、「今回このような大役を仰せつかり光栄と共に責任の重さを痛感する毎日です。今第一話から『クレヨンしんちゃん』を見直し勉強させていただいているなか、この凡人ではとても思い付かないしんちゃん像を作り上げた矢島さんに改めて畏怖と尊敬の念でいっぱいです」とプレッシャーを吐露。「力不足な部分は多々ありますが、『お任せください!』と胸を張って言うことが、並々ならぬ思いで、27年という長い間大切に育てていらしたしんちゃんを後に託すご決断をなさった矢島さんとスタッフの皆様、そしてずっと応援してくださっているファンの皆様への礼儀だと思っております。そのためにも矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学び、一年でも早く皆様に慣れ親しんで頂けるしんちゃんになれるよう、日々精進していきたいと思います」と述べている。

2代目しんちゃんが決定 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018