2017年に実写映画化され、最終興行収入38.4億円で同年の実写邦画No.1の成績を記録した映画『銀魂』。その続編は8月17日に公開されるが、このほど、タイトルが決定。さらに、エピソードも解禁されている。

【大きい画像を見る】映画『銀魂』続編タイトルが決定!エピソードも解禁に


 原作は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されており、累計発行部数が5,500万部以上を誇る「銀魂」(原作:空知英秋)。続編となる今作でも、主演は小栗旬が務める。

 今回実写化されるエピソードは、「銀魂」の中でも人気の高い「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラの“将ちゃん”が登場する「将軍接待篇」のハイブリッドとなっている。映画の物語は、前作同様かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが、行く先々のバイト先でなんと天下の将軍様と遭遇する羽目に。

 同じ頃、「真選組」は内紛劇により、近藤たちは「真選組」始まって以来の危機に迫られる。やがて、将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発する。この最大の危機に万事屋は、そして銀時はどう立ち向かうのか。

 さらに、新キャラクターたちのシルエットビジュアルも解禁に。キャスト情報は6月末に解禁される予定だ。また、待望された正式タイトルは、原作の「真選組動乱篇」の中のサブタイトルを使用した『銀魂2 掟は破るためにこそある』に決定。原作では“掟”と書いて“ルール”と読むが、今作では“掟(おきて)と読む。これまでも掟を破ってきた原作の「銀魂」の意志を受け継ぐものとなった。映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日に全国公開。


(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会【ほかの画像を見る】映画『銀魂』続編タイトルが決定!エピソードも解禁に
映画『銀魂』続編タイトルが決定!エピソードも解禁に