SKE48・松井珠理奈が、14日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に生出演。間もなく開催される「AKB選抜総選挙」に向けたコメントに、大久保佳代子が“いたわり”の一言を投げた。

【大きい画像を見る】大久保佳代子《撮影:椿山和雄》


 16日土曜日に控える今回の決戦は、「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」。JKT48(ジャカルタ)・BNK48(タイ・バンコク)・TPE48(台湾)という海外の48グループも参戦するという初の試みとなる。

 この日同じく出演したHKT48・宮脇咲良は「(その日が)来てほしくない。怖いです」と心境を吐露。一方、松井は「一番プレッシャーに感じてるのはファンの方たちだと思うんですよ」と、応援、投票する側の大変さに言及し、「ファンの方と一緒に乗り越えたい」と意気込みを語った。

 この日の同番組は、視聴者から「私の周りの古い物&新しい物を愛する人々」というトークテーマの募集中。これについて何かあるか聞かれた松井は、「私、今一番古いメンバーなんです」と、10年前のSKE創設時から唯一在籍するメンバーであることを明かし、小6、11歳から同グループにいることを告白。

 さらに彼女は、「そのあとの古いメンバーたちが、私の気持ちを分かってくれる」と、のしかかる重圧に共感してくれると話し、「後輩みんなに、それを伝えてくれるんです」とも述べた。

 続けて、「今の私のプレッシャーとか、全部感じてくれて、そばにいてくれたりとか」「それに助けられているんですよ。ほんとに…今…もう…」など苦しい胸の内を語った。

 それをしみじみと聞いていた大久保は、「もっと楽に生きな」とやさしい言葉をかけ、「背負いすぎよ」といたわると、スタジオは笑いに包まれていた。

 それでも松井は「新しいメンバーが大好き」とも言い、「もっと良い背中を見せていきたい」と決意を新たにしていた。【ほかの画像を見る】大久保佳代子《撮影:椿山和雄》
大久保佳代子《撮影:椿山和雄》