米Facebookは6月13日(現地時間)、広告ターゲティングオプションの「カスタムオーディエンス」で情報源の開示を義務付けると発表した。7月2日から実施する。

【その他の画像】

 広告がカスタムオーディエンスのリストに基づいて表示される場合は、ユーザーはニュースフィードに表示される広告の[・・・]→[このメッセージが表示される理由]で、例えば「あなたのメールアドレスが広告主およびそのパートナーの顧客リストに掲載されていたから」などと表示されるようになる。

 ユーザーは従来通り、もし不満であればその広告主からの広告を非表示にできる。

 広告主はカスタムオーディエンスのリストをFacebookにアップロードする際、情報源の明示を義務付けられる。顧客から直接入手したのか、パートナー企業から入手したのか、その両方かの3つの選択肢から選ぶ。

 また、パートナー企業とリストを共有する場合は、両社は「ビジネスマネージャ」を通して共有しなければならない。

 Cambridge Analyticaスキャンダル以来、Facebookの個人情報の扱いについての批判が高まっている。同社は様々な改善を約束しており、広告に関してはターゲティング広告サービス「パートナーカテゴリ」の終了やユーザーからのフィードバックを広告表示に反映させる機能の追加などを実施した。

ユーザーは広告主が自分の情報をどのようにして取得したかを確認できる