プーチン大統領がロシア国民の質問に直接答える、名物番組『プーチン・ホットライン』が日本語同時通訳付きで、生中継が行われました。

 国民から寄せられた様々な質問・相談にプーチン大統領が答えます。シリアで片足を失いロシアに亡命した女性からの要望に、プーチン大統領は「ロシア大統領の権限として国籍を差し上げることにします」と、その場で国籍を与える場面も。

―関連記事―

【CV:若本規夫】ユーザーが選ぶプーチン名言ベスト5

なぜ、プーチン大統領は圧倒的な支持率を誇るのか?――ドキュメンタリー「プーチン大統領のすべて」を見て

プーチン大統領から知事にお説教「地域の計画をきちんと実行してください」

プーチン大統領。
(©Ruptly)

質問者:
 こんにちは。私はナターリャ・ニコライブナと申します。トムスクに住んでおります。3人子供を育てているんですけども、質問させていただきたいと思います。つまり子沢山の母に対する支援はなかなかその支援が私たちの地域ではうまく可動していないようです。

 2011年当時はメドベージェフ大統領の大統領令で「子沢山の家庭には無料で土地が与えられる」ということでございました。2015年だったと思うんですけど、この法律は私が知る限りではすでに効力をなくしたということを伺っております。

 それぞれの地域で子沢山の家庭に対する支援をしているということなんですけれども、その支援を受けるためには順番を待たなければいけないことになっておりましたので、私は、当時2016年は735番目でありました。

 私はどれだけ待たなければいけないんでしょうか? 8年、10年待たなければいけないんでしょうか? 私の家庭が支援を受けるにはどれだけ待たなければいけないんでしょうか? 何か支援を受けられるのでしょうか? これは私個人というよりは子沢山の家庭を代表して質問したいと思っております。

 行政府に対して働きかけたときなんですけども、「順番を待ちなさい」「今すぐに土地を受けとる権利はない」ということをと言われてしまいました。私たちの地域は、「4人以上の子供がいなければダメだ」ということを言われました。3人ではまだ「順番を待たなければいけません」ということを言われたわけでございます。

 これは法律違反ではないでしょうか? お会いできて大変嬉しく思います。お話できて嬉しいです。

プーチン大統領に中継を通して子育て支援について訴える女性。
(©Ruptly)

プーチン:
 どうもありがとうございます。たしかに奇妙に聞こえますよね。ご質問でありますけれども、土地を受け取るには子供が4人以上必要だというのはおかしいことですよね。お宅はお子さんが3人ということで、素晴らしい家族だと思います。お宅のように子供が3人いるような家族を奨励すべきだと思います。

 そして、ロシアには土地がたくさんあります。重要なのはこの土地が有効活用されることです。住宅建設も含めてです。インフラに近いところにいなければいけない。あるいは、インフラが遠いところにしかないのであれば、インフラをどんどん整備していくことが必要です。当然それには大きな支出があります。トムスクに住んでらっしゃるんですよね?

質問者:
 そうです。トムスク市に住んでいます。

プーチン:
 シベリアのトムスク州ですけども、トムスクはとてもいい地域であります。安定した地域です。そして、着実に成長している地域です。資源もある地方です。では、何が重要かというと、支出を何にするかというそのプライオリティを決めていくということが必要だと思います。

 例えば、地方の財政ですと、どこに向ける必要があるかということで。では、知事のジバーチキンさんに意見を聞きましょう。トムスク州の知事のジバーチキンさんお願いします。

意見を述べるトムスク州の知事。
(©Ruptly)

知事:
 まずお礼から始めたいと思います。質問の一部には大統領に答えていただきました。私たちの州ですけれども、特別なプログラムというものがあります。他の州にもあるわけですけども、住宅建設・住宅強化も含めて、特に子供が複数いる家族に向けてということです。

 今のご質問の方ですけども、大変長い時間、自分の順番を待っているということで、個人的にきちんとお話したいと思います。そして、どのような権利を彼女が持っているかということを私の方から直接説明したいと思います。そして一緒に近々問題を解決して、大統領に直接報告したいと思います。

 たしかに大統領のおっしゃったとおりにシベリアには土地がたくさんあります。でも、土地を単に分配して、つまり水道も電気もない土地を住民に渡してしまうというわけにはいかないです。特に子供がたくさんいる家庭に関しましては、ガスも水道も電気も通っているところの土地を与えるべきだと思います。

司会者:
 4人の子供がいればどうなっているでしょうか?

プーチン:
 役人が課題を分かっていないということですけど、その役人が誰なのかということをはっきりさせなければいけないと思います。つまり単なる形式的な指示に従うのでは、役人は不十分です。

 実際に自分の市域で座っている人たちはどういう人たちか、その人たちと直接に話をするということが必要です。トムスク州でありますけれども、無料で土地を共用するのが、子供が4人いなければいけないというのが地域の決まりであれば、それは問題点だと思います。

 子供が3人いるだけでもなかなか大変なのに、このご家族は子供を3人持つということを厭わなかったわけです。ですから、家族を発展させるという地域の計画をきちんと実行してください。

医療問題の訴えにプーチン大統領「病院というのはきちんと機能しなくてはならない」

医療について訴える女性たち。
(©Ruptly)

質問者A:
 この小児科が診察をしなくなったことはとても重要な問題です。私は子供が10人、孫が8人います。娘たち、嫁たちが子供を連れて、隣の街のアレクサンドロフまで行くというのはとても大変です。家からバスに乗って、そのあと電車に乗って、そして長い行列で順番を待つということになります。

 また当日の診察というのは無理で、1ヶ月ぐらい先の診察ということになります。そこで私たちはイニシアチブグループを作ったわけです。このグループのトップになったのがイリーナさんです。

質問者B:
 尊敬する大統領、ストロギナという私たちの街には、かつて素晴らしい総合病院がありました。でも、この病院が地区の病院ということで管轄が変わってしまいました。それ以降、様々な診察、科目が診察しないようになってしまったわけです。

 隣のアレクサンドロフという街に行くというのは、時間的にも、また交通費が高いので無理です。そして、医薬品も不足しています。専門家も不足しています。とても心配です。現在、診療を続けている診療科目も診療を止めてしまったらどういうことになるわけでしょうか?

 一般的な総合診療所、状況はとても悪いわけです。やはり財政が不足しているので、新しい総合診療所を作るということは現実的ではありません。ぜひともこの病院を改築、改修をして、市民が全員、再び診療できるようになってほしいと思っております。

プーチン:
 どうもありがとうございます。では、この街の人口は何人でしたでしょうか?

質問者B:
 1万4千人です。そして、隣の市町村を加えますと、村もいくつもありますので、合計で3万人ということになります。

プーチン:
 分かりました。3万人ですね。厳しい状況になっているわけですね。今後の国家のプログラムですけども、移動性の病院、様々な准医師、産婦人科が参加できる移動病院というものを造成することになっています。

 たしかに大きな市町村に併合するという観点も重要ですけれども、いずれにしましても1番最初の診察を受けられる地元の医師というものを根絶やしにしてはいけないわけです。地域当局がやるべきことでもあります。各知事には頑張ってほしいと思います。こちら知事がいます。お願いします。

(©Ruptly)

知事:
 大統領こんにちは。ストロギナ村では何も閉鎖しておりしていません。今、修理をしているところで、それから小児科についても血液科についても整備を進めているところです。また小児科については非常に建物が老朽化していて、手入れをしなくてはならない。

 子供を連れて行くということはできないという状況になっていたからです。また連邦プログラムのおかげで、移動病院を使うことができるようになりました。連邦政府に感謝しています。

 アレクサンドロフの病院は去年修理をしたところで、ストロギナの病院にも新しい病院の建屋ができることになっていますし、救急車も配備することになっております。今、非常に不便だということは分かりますけども、これは一時的なものです。

 医療につきましては、州政府としても十分な予算は取ってありますし、また薬につきましても6千万ルーブルを薬の買い付けのために支出しています。

 ストロギナは1万4千人の小さい街で、隣のアレクサンドロフまで30分ほどかかるわけですけども、またその周辺には別荘地があってたくさんの需要があるわけですけども、私たちは救急車などを駆使して住民のみなさんのために医療を提供するようにしています。

プーチン:
 ありがとうございます。オルフ知事、このような前向きな言葉で締めてくださって嬉しく思います。本当に大変な問題ではありますけれど、今おっしゃっていただいたとおり一歩一歩解決をはかっているわけですので、今この画面にいらっしゃる市民グループのみなさま方は本当に必要に迫られていることだと思います。

(©Ruptly)

質問者A:
 オルフ知事のおっしゃったことに付け加えたいと思います。病院は閉鎖されて動いてないんです。子供たちは病院に行けないんです。私たちはアレクサンドロフに行っていますし、入院するのもアレクサンドロフの病院です。救急車ですけれども、救急車なんか来ません。助けてください。この状況をなんとかしてくださいということをお願いしたいんです。

プーチン:
 もちろんこの病院というのはきちんと機能しなくてはならないし、現代的な医療を住民に提供しなければなりません。どの規模でどのようなレベルでということは、その地域であるとかその街の規模というところに関わってくると思います。

 クヴォルツォワ保健大臣がおっしゃったように予算はとってあるということですし、また今後は「機能していない」と住民の方が言っているのに、行政の方が「動かしている」と言う、このような層が生じないように住民の健康というのは大事ですので、きちんと見ていきたいと思います。