ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
ドンファン野崎氏のから覚醒剤反応
・火葬と土葬で揉める
政婦は音信不通になる

紀州のドン・ファン

紀州のドンファンこと野崎幸助氏が5月24日に亡くなり、遺体からは大量の覚醒剤が見つかった。亡くなった野崎氏は死亡時に裸で、また体からは注射跡などは見つからず、口から覚醒剤を飲み込んだとみられる。死亡時刻は午後9時頃で、10時半頃に妻が発見。救急隊が10時50分頃に到着し、死因は急性覚醒剤となる。

自殺とも思われたが、周りの言から「自殺はあり得ない」「覚醒剤は嫌っていた」としており矛盾点も多々見られる。
また5月6日にはイブちゃんが急死。死ぬ際にはもがき苦しんだという。18歳の老だったため、老衰かとも思われたが、あまりの突然の死だったという。

イブちゃんは火葬されずに土葬されていた。そんな土葬されていたイブちゃんを掘り起こされ、既に検視(検屍)作業が行われた。あの掘り起こし作業から1週間、イブちゃんから覚醒剤の成分とみられる反応が出たと一部で報道されている。

これによりイブちゃんは第三者に殺されたものと断定でき、同様の方法で野崎氏も殺されたと思われる。

5月6日突然死んだイブちゃんの埋葬方法を巡って野崎氏と妻のSさんとで意見が分かれ揉めたという。野崎氏は土葬し、一方妻のSさんは火葬してほしいと2人の意見は分かれた。そればかりか野崎氏はエルメス化粧に入れ腐敗の進行を遅らせまた冷凍保存までしようとしていた。冷凍保存は理だったがエルメス化粧イブちゃんの死骸を入れ土葬することにした。

仮に火葬していたら、検屍により覚醒剤反応を見つけることは理だっただろう。

また現在政婦とは音信不通になりここ数日連絡を取ることができないという。

関連:変死した紀州のドン・ファンこと野崎幸助の妻 複数のセクシービデオに出演か?
関連:紀州のドン・ファンこと野崎の変死 今度は愛犬イブちゃんを掘り起こし調査
関連:変死した紀州のドン・ファンこと野崎幸助の妻 AVに出演疑惑が浮上 知人の暴露も