【大きい画像を見る】【吉田輝和の絵日記】『嘘つき姫と盲目王子』中年男性が少年を連れまわす事案発生?

今回プレイするのは、盲目の少年の手を引き魔女の館を目指す2D横スクロールアクション、日本一ソフトウェアの『嘘つき姫と盲目王子』のニンテンドースイッチ版です。

ゲームでは可愛い姫が王子の手を引くほんわかした内容なのですが、僕がやるとなんか、こう、事案っぽくなる気がするけど気のせいですね。


気のせい、気のせい!早速プレイ開始!

■人喰い狼と王子の出会い

それは月夜の晩に小高い岩の上で歌うのが好きな狼と、その美しい歌声に引き寄せられた人間の王子の物語。


美しい歌声にすっかり魅せられた王子は、姿の見えない歌声の主に拍手を送り、歌声を初めて褒められた狼も悪くない気持ちになる……そんな夜を何度か繰り返し、いつしかお互いは特別な存在になっていった。


ある夜、歌声の主と会いたくなった王子は小高い岩の上に登り、すぐ足元まで王子が登って来ている事に気づいた狼は「歌声の主がこんな化け物だと知れると二度と会いに来てくれなくなる」と慌て、うっかり王子の目を傷つけてしまう。

王子が盲目になってしまい、顔の傷を忌み嫌った王族に牢屋に幽閉されている。そんな噂を聞き、狼はお見舞いに向かい……


「会いに来てくれてありがとう。でもどうやって…?」


「私は隣国の姫なの。王子のお見舞いがしたいって言ったら通してくれたわ」王子の目が見えないのをいい事に嘘をつく狼。

なんとかして王子の目を元に戻して上げたい狼は、代償を支払えばどんな願いも叶えてくれる魔女の事を思い出す。その魔女ならきっと王子の目だって治してくれるはず。


でもこんなけむくじゃらの化け物の手じゃ、目の見えない王子の手を引いて魔女の所まで連れて行く事が出来ない……

狼は1人森の魔女の館へ行き……


自分の美しい歌声を代償にして願う。その願いは……


美しい歌声を代償に、狼は人間の姫の姿を手に入れる。


そして王子の手を引き、王子の目を治してもらうためにもう一度魔女の館へ向かうのだった。


冠を装着して「姫おっさんモード!」

次のページ:吉田おじさん、王子の手を引いて……連れまわす!

■王子の手を引いて……連れまわす!

Yボタンを押しっぱなしで王子と手を繋ぎ、Xボタンで狼に戻ったり姫に変身出来る。

敵や障害物を壊す時は狼に、王子の手を引いたりレバーを引く時は姫に、2つの姿を使い分けて進むのだ。

敵を始末するべく王子の手を離して……


王子のためならえーんやこーら!


敵を倒して戻ってみると、手を離された王子のこの心細そうな顔!


ごめんよ……!

慌てて戻って手を繋ぐと……


ニコッとする王子!もうこれ可愛すぎて直視出来ない……


可愛い……

■王子可愛い!王子可愛い!

王子の動作は全て可愛い。

王子のモーションを見る為に


ジャンプしてわざと着地を失敗してみたり


崖ギリギリの所で落ちそうになっているのを眺めてみたり


心が痛む……でも王子のモーションを全部見たいんや……ヤンデレみたいになる狼姫、もといおじさん。

ゲーム攻略とは関係ないが、王子にプレゼントする為に花を摘んでくる事も出来る。


王子のためならえーんやこーら!

■謎解きもいっぱいあるぞ!

ゲームの難易度はあまり高くなくサクサク進む。アクション下手なおじさんでも安心な難易度だ。

道中、様々な謎解きがあるのだが


王子を誘導してスイッチを押したり


ランタンで火をつけたりと、謎解きの難易度も高くない。

「こんなんじゃ謎解き推理ゲーム好きのおじさんは満足出来ないな~。もっと難しいの持って来てよ(笑)」と思っていたら


!?


す、数学の問題……?そんな本気出さんでええやん……


これ以上無理だ……と詰まってしまった人はステージのスキップ機能もあるので、今すぐ物語の続きを見たい!という場合はどうぞ。ただしそのステージを10分プレイしないとスキップ出来ないので注意。

クリア時間は5時間ちょっとでした。ちょいちょい詰まる所もありましたが、やられても直前からすぐリスタート出来るのでサクサク進みます。王子はもちろん狼の姫も非常に可愛くて、大人向けの絵本を読んでいるようなほんわかした気持ちになりました。

ただボリュームが物足りなくもありますが、それを補う程のお話の良さがあるので、少しでも気になっているのなら是非プレイしていただきたいです。


おじさんみたいにほんわかしようぜ!

『嘘つき姫と盲目王子』はPlayStation4/PlayStation Vita/ニンテンドースイッチを対象に発売中。価格は、PlayStation4/ニンテンドースイッチ版が6,980円+税、PlayStation Vita版が5,980円+税です。

吉田輝和のプロフィール:17年以上にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」をはじめとした人気漫画のモブキャラとして登場しており、日々その存在感が高まっている。ちなみに、巨大な食べ物を作っていく企画でカルト的な人気を誇る個人ホームページ「吉田が巨大な物を作ってますよ」も運営中。【ほかの画像を見る】【吉田輝和の絵日記】『嘘つき姫と盲目王子』中年男性が少年を連れまわす事案発生?
【吉田輝和の絵日記】『嘘つき姫と盲目王子』中年男性が少年を連れまわす事案発生?