西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」を運営するパソナグループの株式会社丹後王国(本社:京都府京丹後市弥栄町、代表取締役社長 伊藤真人)の「丹後クラフトビール」が、ビアコンペティションの世界大会のひとつである『オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード(AIBA)』にて、2018年大会『銅賞』を受賞しました。
▲銅賞を受賞した丹後クラフトビール『ヴァイツェン』
『オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード(AIBA)』は、オーストラリアのヴィクトリア州農業協会がビールの素晴らしさを競う世界大会として1987年から開催しています。アジア太平洋地域では最大規模のビアコンペティションとして毎年行なわれており、2018年大会には世界各地359社2178点のビールが出品し、ビールの外見や香り、味などの特定の基準に対して世界の醸造家によって審査が行われました。

そしてこの度、丹後王国「食のみやこ」が製造・販売を行う、丹後クラフトビール『ヴァイツェン』が「Best Wheat Beer(ドイツ風ホワイトビール)部門」にて銅賞を受賞いたしました。「Best Wheat Beer(ドイツ風ホワイトビール)部門」での受賞は、西日本エリアでは唯一となります。

丹後王国では、道の駅 丹後王国「食のみやこ」のビール工房にて、職人が丁寧に手作りで仕上げる8種類の「丹後クラフトビール」の製造および販売を行なっています。8種類のうち、これまでにも、苦味とスモーキーな香りが特徴の「スモーク」は『インターナショナル・ビアコンペティション2013』で金賞を受賞。また、副原料で丹後産コシヒカリを使用している「マイスター」は『インターナショナル・ビアカップ2017』で銅賞をそれぞれ受賞しております。
なお「丹後クラフトビール」は、丹後王国のECサイトで販売しているほか、東京急行電鉄株式会社が提供するホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」でもお買い求めいただけます。

丹後王国「食のみやこ」は、今後も地元で採れた農産物や加工品などの販路を開拓する「地域商社」として、地域特産品の開発や6 次産業化を推進し、丹後地域の産業の活性化を目指してまいります。

株式会社丹後王国 “ビール職人” 山口道生のコメント
このような国際的なビアコンペティションで銅賞を受賞することができて、とても嬉しい気持ちです。また、お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら、愛情込めて作ったビールだったので、「楽しくビールを作ることで、美味しいビールが生まれる」という自分のモットーが間違っていなかったとホッとしています。
『ヴァイツェン』は、バナナを思わせるフルーティな香りとクローブのようなスパイシーさ、そして苦みがほとんどないことが特徴で、「辛口のカレーライス」や、果物、ロールケーキなどのスイーツとも相性が良いビールで、特に女性におすすめです。是非一度お試しください。
また、今後は『ヴァイツェン』をはじめとする全8種類の「丹後クラフトビール」を、丹後地域だけでなく、日本中に、そして世界にも販路を拡大し、より多くの方々に美味しいビールを提供していきたいと思っています。
<山口 道生プロフィール>
ハウスクリニーングの技術職を経験した後、「ブルーメの丘」(滋賀県)で1997年からビール造りの基礎を学び、1998年より「丹後あじわいの郷」(現 丹後王国「食のみやこ」)にてビール製造業務に従事。ビール造り歴、約20年。
受賞歴
・「インターナショナル・ビアコンペティション2013」金賞
・「インターナショナル・ビアカップ2017」銅賞


※「丹後クラフトビール」は下記よりお買い求めいただけます
http://tango-kingdom-onlineshop.com/



「丹後クラフトビール」コンペ受賞セット 販売のお知らせ
ビアコンペティションで受賞をした3本の「丹後クラフトビール」がセットになったコンペ受賞セットの販売を6月より開始いたしました。
内容
下記「丹後クラフトビール」の3本セット
『インターナショナル・ビアコンペティション2013』で金賞を受賞した「スモーク」
『インターナショナル・ビアカップ2017』で銅賞を受賞した「マイスター」
『オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード(AIBA)』で銅賞を受賞した「ヴァイツェン」

料金
1,800円(税込)

URL
http://tango-kingdom-onlineshop.com/SHOP/TK0176.html

■(ご参考)丹後王国「食のみやこ」 施設概要

場所
京都府京丹後市弥栄町鳥取123

URL
https://tango-kingdom.com

営業時間
開園時間9:00~21:00
(12月~2月の冬季は変更有)

定休日
火曜日
※飲食店・販売所の営業時間・定休日は各店舗で異なる

入園料
無料

配信元企業:株式会社パソナグループ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ