※本記事はプレスリリースに準拠して製作しています。

グリーのアプリ開発スタジオWright Flyer Studiosは、顧客満足度向上を目的としIBM Watsonを活用した、24時間365日利用可能なAIチャットボットによるお問い合わせ対応を開始しました。AIチャットボットシステムの導入により、よくある質問と回答(FAQ)や蓄積された過去のお問い合わせ内容の学習データの中から、AIが適切と思われる回答をお客さまに対し自動で応答します。

AIが問題の解決策や適切なフォームへの案内をすることによりお客さまの質問の手間や、お問い合わせに掛かる時間を軽減することができます。また早朝、深夜などお客さまの幅広いニーズにお応えする事が可能となります。

今回の本格導入に先立ち、3月より「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」(国内版)においてABテスト*1.を実施した結果、いただいたお問い合わせのうち最大で40%をAIチャットボットを通じた自動応答により解決することができました。これにより顧客満足度の向上が期待できます。

今後は更なるサービスの向上を図るべく、Wright Flyer Studiosの他タイトルや今後配信予定の新作タイトルへの導入も順次おこなっていきます。

今回のシステム導入にあたっては、株式会社ジェナが提供するIBM Watson(R)を活用したAIチャットボットサービス「hitTO (ヒット) 」を採用しました。

*1.ユーザーID毎にAIチャットボットの出し分けを行い検証


© Wright Flyer Studios