タレントの中川翔子、藤田ニコルが14日、都内で行われた『~ポケモンといっしょに~EXPO2025の日本誘致を応援しようプロジェクト発表会』に出席。ピカチュウと共に、誘致委員会のスペシャルサポーター就任を喜んだ。

【全身ショット】ポケモンと一緒!ワンピ姿で美脚を披露したしょこたん

 「きょうは気合をいれて髪の毛をイーブイカラーに染めてきました」とポケモン愛をアピールした中川は、東京五輪のマスコット審査会メンバーも務めており、「こんな続けて国家プロジェクトに携わらせていただいて、なんてレアな人生体験をさせていただいているのでしょう。身の引き締まる思いです」と感激。藤田も「万博を日本に呼びたい」と意気込んだ。

 誘致に成功すると、万博が開催されるのは2025年。7年後の自身の予想図を聞かれると、中川は「子どもと夢を語ることができる美熟女になっていたい」、藤田は「27歳。芸能界で生き残れたらいい」。ゲストとして登場したお笑いトリオ・パンサーの向井慧は、尾形貴弘を気にしながら「コンビとして活動していけたら…」と願望を告白。「どっちの2人かはわかりませんけれど」とフォローを入れたが、尾形は「ぜったいそっちの2人だろ」とツッコんで笑わせていた。

 イベントでは、レゴで制作されたポケモンのモニュメントが一部公開された。
スペシャルサポーター就任に喜ぶ(左から)中川翔子、藤田ニコル(C)ORICON NewS inc.