正直に言おう。小沢はこのパナメーラがあまり好きじゃなかった。とにかくバカデカい。2009年に世界デビューした初代は全長4.97m、全幅1.93mで、ほぼメルセデスのEクラスやBMW5シリーズ並みのデカさ。

乗ればV8ターボエンジンも選べてバカっ速だし、ハンドリングもスゴかったが、見た目はアメ車のコルベット似だし、そもそもポルシェでフル4シーターなんて必要なんかい!と実にクソガンコで頭の固いオヤジでありました。

ところが16年デビューの2代目には「なぬ~」だ。全長5m超、全幅1.93m超とデカくなったのにはがっかりだが、見た目が伝統スポーツカーの911に確実に近づいているではないか!

例のティアドロップ型ヘッドライトに、リアは初代のような腰高&ケツ高感が減り、これまたスッとなだらかに下りてくる911風シェイプ。確かにデカい、クソデカい! が、ズルいところついてくるなぁと。このデザインだとあんまり嫌いになれないじゃんかよ。

さらに中身だ。このパナメーラ4Eハイブリッドはポルシェが相当本気になって造ったプラグイン・ハイブリッドだ。ポルシェにしてはローパワーな330馬力の2.9リットルV6ターボをメインとするが、今までになくパワフルな136馬力の電動モーターも持ち、システム出力は462馬力とそれなりだし、最大トルクは4リットルV8ターボに迫り、時速100キロ到達も4.6秒となかなかのもの。

もうひとつ言うとコイツはプラグイン、つまり充電式ハイブリッドで14.1kWhの巨大バッテリーを積んでるから燃費モードならEVとして50km走れる。しかもベタ踏みしなけりゃ時速140キロまでEV走行が可能。

実際に乗ってもビックリ。まずセンターにバカデカい12.3インチディスプレイを用意するポルシェ・アドバンストコックピットが相当EVっぽい。運転席前の5連メーターは911っぽくてスポーティだが、それでも本当のアナログメーターはセンターだけで、両サイドの4つは液晶モニター。特に右からふたつ目はスゴい。切り替えると赤外線カメラによるナイトビジョンアシスタントが起動。夜道でも歩行者をとらえることができるのだ。これぞまさしく未来のポルシェ!

走っても想定以上のEV感だ。フル充電状態からならイグニッションを入れても室内はシーン。そのままアクセルを踏みだすと、ポルシェらしいグッと蹴り出す加速を見せつつ、静かさがハンパじゃない。単にガソリン車を改造したレベルじゃなく、間違いなく最初からEVを考えてボディが造られている。

このあたりからコイツが単なる新作電動ポルシェじゃないことに気づいてくる。今、プレミアムEV界で猛威を振るう米テスラ対抗。伝統のポルシェが、プライドをかなぐり捨てて新興EVメーカーに挑んでいるのだ。

ハンドリングも当然リアルポルシェ。切り始めからポルシェらしい剛性感を見せつつ、全長5mのセダンとは思えないほど俊敏に走り、曲がり、止まる。

この新型パナメーラはさほど売れない大型セダンでありながら、ボディ骨格を同じVW(フォルクスワーゲン)グループのアウディと共有せず、ポルシェ独自の縦置きFRプラットフォームを採用。おかげでエンジン搭載位置を下げた理想的前後重量を取ることができたし、ハンドリングが上質に。サイズを感じさせない、楽しく安全で疲れない新世代ハンドリングを追求しているのだ。

一方物足りない点もあって、EV走行は136馬力電気モーターのみだから出足はいいけど、高速じゃおとなしめ。だが、そこはやっぱりハイブリッド。フル充電状態でもアクセルを奥まで踏み込めば、勝手に330馬力のV6ターボが立ち上がってグォォと加速。エンジンもヴォン!と噛(か)みつくように立ち上がり、懐かしの野性風味が味わえる。

モーターだけで走っているときもそれなりに気持ちいいが、エンジンに火が入ったら入ったでこれまた往年のポルシェらしい高揚感がある。最高出力は462馬力に上がっちゃうし、速さ&興奮ではこのハイブリッド状態のほうが上なのだ。

もうひとつ、パナメーラ4EハイブリッドはこれらEVモード、ハイブリッドオートモードのほか、ほぼ常にエンジンがかかる「スポーツ」や「スポーツプラス」モードも選べる。まさにジキル&ハイドのようにコロコロ性格を変える、1粒で2度どころか3、4度おいしいスポーツ4ドアだ。

コイツはポルシェ新プレミアムEV化の序章なのである!

(撮影/本田雄士)

●小沢コージ










1966年生まれ、神奈川県出身。青山学院大学卒業後、本田技研工業に就職。90年に自動車誌の編集者に。著書に『マクラーレンホンダが世界を制する!』(宝島社新書)など多数。TBSラジオ『週刊自動車批評』レギュラー出演中。日本&世界カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

EV化しても残る圧倒的なポルシェ風味…これぞ未来のポルシェだ!