自民党の14日の各派閥会合で、先の米朝首脳会談についての発言が相次いだ。石破派の石破茂元幹事長は会談が北朝鮮ペースで進んだとの認識を示し、拉致問題への影響を懸念。他の派閥からは安倍晋三首相に日朝首脳会談を通じた問題解決を求める意見が出た。

 石破氏は「金正恩朝鮮労働党委員長が得たものがすごく大きい。(米国に)何を譲ったわけでもないが、体制の保証を取り付けた」と指摘。「人権がじゅうりんされている国家体制を保証するとは一体どういうことか。これは拉致問題に必ず関わってくる」との見通しを示した。

 一方、竹下派の竹下亘総務会長は拉致問題に関し、「日朝首脳会談も十分視野に入れて、対応しなければならない。首相は腹をくくって話し合いに臨んでほしい」と強調。麻生派の山東昭子元参院副議長も「首相の出番だ。したたかな外交手腕をぜひとも発揮してほしい」と訴えた。