志尊淳が主演を務める映画『走れ!T校バスケット部』(11月3日公開)に、千葉雄大がイケメン教師役で友情出演することが明らかになった。千葉と志尊は『帝一の國』(2017)で先輩・後輩役で共演しており、“新旧かわいい”コンビとして話題を呼んだが、そんな二人が本作で再共演を果たす。

 いじめによってバスケットボールの強豪校を退学した主人公・田所陽一(志尊)が、転校先の弱小バスケ部で勝利を目指して奮闘する物語。千葉が演じるのは、転校してきた陽一を初日から優しくフォローするイケメン教師。撮影の合間には、「先生に見える?」と緊張する千葉に「先生にしか見えないよ!」と志尊が答えるなど、仲良しぶりを見せつけた。

学校一のイケメン教師役・千葉雄大 - (C) 2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

 千葉は、本作でメガホンを取った古澤健監督の『ReLIFE リライフ』(2017)にも出演しており、古澤監督の計らいで、当初は“担任教師役”だった肩書が“学校一のイケメン教師役”に変更されたのだとか。千葉は「撮影に来てみたら、“学校一のイケメン教師役”と書いてあって(笑)。恐れ多かったですし、緊張もしていたのですが、古澤さんもお久しぶりでご一緒できましたし、現場のスタッフさんたちも前ご一緒した方がいらっしゃって、すごく肩の力が抜けました。何より主演の志尊君は、この間共演したばかりだったので、またすぐに共演できて嬉しかったです」と出演の感想を語った。

 本作にはほか、佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201、YOU、椎名桔平、真飛聖、竹中直人らが出演。先日には、竹内涼真が大学バスケット界の人気選手役で友情出演することが発表されていた。竹内も志尊、千葉と同じく『帝一の國』のメインキャストのうちの1人であり、出演発表はファンを喜ばせた。(編集部・小山美咲)

今回は生徒と先生に! - (C) 2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会