NTTドコモは、ファーウェイ製スマートフォン(スマホ)「P20 Pro HW-01K」を2018年6月15日に発売する。

「AI」が写真撮影をサポート、使い方に応じたシステムの最適化も

スマホでは世界初だという、約4000万画素RGBセンサー、約2000万画素モノクロセンサー、ズーム専用の約800万画素、「Leica」のトリプルカメラを背面に搭載。一眼レフカメラのように深みのあるぼかしや、色鮮やかかつ細やかな撮影を実現した。

また、1億枚を超えるというサンプル画像に基づく学習データをインプットされた「AI(人工知能)」が19種類の被写体を瞬時に認識。体の特徴や環境に応じて適切な撮影方法を選択し、面倒な設定不要で美しい撮影を楽しめる。さらに、約2400万画素インカメラは、「AIアシスト」で顔や環境を認識し、自然で美しい肌感と照明エフェクトを再現できる。

8コアプロセッサー(CPU)、12コアグラフィックプロセッサー(GPU)に加え、AI専用プロセッサー(NPU)を組み込んだ「Kirin 970」を搭載。CPU単体での稼働時と比べ、AI利用時に最大25倍のパフォーマンス、最大50倍の電力効率を実現したとのことだ。

独自の機械学習アルゴリズムがユーザーの使い方に応じてシステムを最適化することで、18か月を経過しても購入直後の"サクサク感"が持続するという。

約6.1型フルHD+(2240×1080ドット)有機ELディスプレーを搭載。OSは「Android 8.1」をプレインストール。メモリーは6GB、内蔵ストレージは128GB。IPX7防水、IP6X防塵性能を備える。バッテリー容量は3900mAh。Bluetooth 4.2をサポート。「おサイフケータイ」に対応する。

カラーはミッドナイトブルー、ブラックの2色。<J-CASTトレンド>

トリプルカメラ+AIテクノロジーで時代の一歩先へ