共産党の志位和夫委員長は14日の記者会見で、安倍晋三首相が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談に意欲を示したことについて「(首相は)圧力一辺倒で対話を否定してきたが、破綻した。(圧力路線が)米国とも合わなくなり、転換を余儀なくされた状況だ」と指摘した。

 志位氏は日本政府に対し「正面から対話の路線を追求すべきだ。対話による問題の平和的解決に日本も参加し、促進する役割を果たすべきだ」と訴えた。

 国民民主党の大塚耕平共同代表は会見で、日朝首脳会談に関し、「拉致問題の解決に向けた手応えがある中で行われるべきだ。単に会談を開くということでは、空手形になる可能性が高い」と述べた。