東京電力は2018年6月14日、福島第二原子力発電所の全号機を廃炉の方向で検討することを発表した。内堀雅雄福島県知事から福島第二原子力発電所について廃炉の要請があったという。

福島第二原子力発電所を巡っては17年に福島県議会が廃炉工程を示すよう要望したり、いわき市議会が廃炉を早急に行うように東京電力へ申し入れをしていた。