2018年5月25日(金)~27日(日)にかけて、カナダ・トロントでアニメコンベンションイベント『Anime North 2018』(以下アニメノース)が開催されました。こちらの記事では、参加されていたコスプレイヤーの様子を中心にレポートでお届けします。

大胆コスプレがたっくさん!大量画像ギャラリーはこちら

『アニメノース』は北米中部最大級、さらに東海岸からも多くの方が参加する大型イベント。コスプレイヤーにも人気のイベントで、非常に多くのコスプレイヤーが集結します。

コスプレエリアは明確には定義がされていなかったのですが、主に会場ホールであるThe Toronto Congress Centre周辺の駐車場や芝生ゾーンなど、野外でコスプレを楽しむ人が多かった印象です。

日本と違って更衣室がないため、着替えてからバスや車で訪れる方が多く、どちらかというとコスプレを楽しみに来たというよりも、コスプレをひとつのファッションと捉えてイベントを楽しみにやってきたと表現したほうがピッタリなのではないかと思います。

また日本と違う点として、日本では絶対にNGになりそうな大型の武器や衣装なども持ち込んできた方が多かったこと。実は会場内に「Weapons Check」と参加者の武器が危険ではないかチェックする場所があったのですが、どうやら武器が大きいからといって使ってはいけない、というわけではないみたいです。

カナダは銃社会ということもあってか、本物の武器ではないかチェックしているのかもしれませんね…。

人の背丈よりも高い、3メートル以上ありそうな銃を持ったコスプレイヤーも見かけました。日本では絶対に見れない、迫力あるコスプレです。

カナダで人気のコスプレは?

『アニメノーツ』でよく見かけたコスプレは、『Fateシリーズ』『Overwatch』『Re:ゼロから始める異世界生活』などなど。後半でもまとめていますが、公式で作品の合わせ撮影が行われたこともあって、公式が発表していた作品のコスプレイヤーが非常に多く集まっていました。

会場内で一際注目を集めていたのが、『キルラキル』のコスプレイヤー。半制服ゲリラとして活躍するヌーディストビーチを、しっかりと再現されています。

ほかにも『HUNTER×HUNTER』より、王直属護衛軍の3匹、ネフェルピトー、シャウアプフ、モントゥトゥユピーのコスプレも、インパクトがあってすごく注目されていました。

また、『モンスターハンター』の装備コスプレも人気。カナダでは鎧のような重装備のコスプレから、衣装・小物のクオリティの高いコスプレなど、コスプレへのこだわりを強く感じさせてくれます。

大規模な「合わせ」に感動!

『アニメノース』では明確なコスプレエリアは発表されていなかったのですが、芝生エリアで5つほどのコスプレフォトゾーンを用意していました。

このコスプレフォトゾーンでは、ひとつの作品のコスプレイヤーを集めてコスプレを撮影しようという企画が行われ、3日間のタイムスケジュールが綿密に組まれていました。

そのため、

現在TVアニメ放送中の『ペルソナ5』のコスプレです。カナダでも注目を集めていますね。

『Fateシリーズ』コスプレ合わせ。2日間でのべ100人ほどが集まりました。

個人的にすごく圧倒されたのが、『ジョジョの奇妙な冒険』のコスプレ合わせ。総勢70名以上のコスプレイヤーが集結して、ジョジョ立ちをたくさん披露しました。ここまでジョジョレイヤーが集結するとは思っていなかったので、かなり感動しました。

人気のRPG『ファイナルファンタジーシリーズ』のコスプレです。

こちらも人気のRPG『テイルズシリーズ』のコスプレ合わせです。ほかにも『ラブライブ!』『ポケットモンスター』『ドラゴンボール』『艦隊これくしょん-艦これ-』『犬夜叉』『鋼の錬金術師』など、様々なコスプレフォトゾーンが用意されていて、その作品のコスプレイヤーが集結しました。

『アニメノース』のコスプレ、いかがだったでしょうか。クオリティが高く、かつ大型なコスプレをたくさん見ることができる、迫力あるイベントだったのではないかと思います。

そして何より、公式で作品ごとにコスプレイヤーを集めてみんなで楽しむという仕組みがしっかりと作られていたことが非常に良かったと感じています。

コスプレフォトゾーンは公式ガイドブックにもスケジュール細かく掲載されているので、どんなコスプレイヤーが来るか事前にチェックできるかというのは非常に大きな魅力です。

「この作品のコスプレをたくさん見たい」「この作品のコスプレイヤーの集合を見てみんなで楽しみたい」という人には、『アニメノース』は最高のイベントです。興味を持ったのであれば、是非とも2019年に参加してみてください。