2018年5月25日(金)~27日(日)にかけて、カナダ・トロントでアニメコンベンションイベント『Anime North 2018』(以下アニメノース)が開催されました。早速、『アニメノース』の様子を紹介していきます。

アニメイベントの粋を超えてる!現地フォトギャラリー

『アニメノース』は、毎年5月にカナダ最大の都市であるトロントで開催されているオタク向けイベントです。歴史は古く、1997年から開催されていて、開催ごとに規模が大きくなっています。

最近では北米でもトップクラスで、北米中部に位置するイベントでありながらニューヨークやボストンといった東海岸沿いの都市からも参加する人が多いほどの人気。

トロント・ピアソン国際空港からわずか2キロのところにあるThe Toronto Congress CentreとDelta Hotelが会場となっているので、遠くからでも参加しやすい環境であることも人気の理由のひとつかもしれません。

国際空港が近いので、外では10分に1機くらいのペースで飛行機が近くを飛びます。初めて参加するときには、あまりの近さに驚くかもしれません。

また、日本からのゲストも豪華。『けものフレンズ』などCGアニメを手がけるヤオヨロズ株式会社取締役の福原慶匡さんや、声優の岩男潤子さんや安野希世乃さん、ミュージシャンのBACK-ONなどがトークイベント&ライブ、そしてサイン会を行い、北米のファンを楽しませました。

様々な国内外のイベントを取材している筆者ですが、『アニメノース』には他のイベントと大きく違う点を感じました。

まずは開催時間。1日目は夕方から始まり夜中の1時まで行われ、2日目は朝から夜中まで、3日目は朝から夕方までと3日間ともに開催時間がバラバラであることに驚きました。

そして参加者へのサービスとして、会場の至るところに給水スポットが用意されていたことにも驚き。ただ給水できるだけでなく、氷の入った非常に冷えた水が飲み放題となっていて、参加者にはありがたいサービスだったのではないかと思います。

イベント当日はカナダでも異例といってもいい30度超えという暑い環境だっただけに、非常にありがたいと感じました。

また、サービスだけでなく出展ブースも、他のイベントと違う印象を受けました。

海外のアニメコンベンションイベントの特徴として、展示ブースの割合が高く、物販ブースの割合は高くても50%ほどということが多いのですが、『アニメノース』ではほぼ物販。

アニメや漫画、ゲーム関連から、鎧やウィッグといったコスプレに使えそうなアイテム、Tシャツにクッキー、植物…アニメコンベンションイベントというよりも、ポップカルチャーの枠を超えた一大マーケットと表現したほうがいいかもしれません。

手裏剣、着ぐるみ、ケーキ!? 気になったブース

ここからは、気になったブースを紹介します。まずは忍者に関するアイテムを扱うブースを発見したのですが、とにかく手裏剣・苦無が豊富に扱われていて、触らせてもらったところ、普通に使えるんじゃないかと感じる硬さ。クオリティの高い忍者道具に驚きました。

会場内で見かけた、撮影エリア。約5つのブースで本格的なカメラ機材が用意され、コスプレイヤーを中心にキレイな写真を撮影し現像を行っていました。

着ぐるみを扱うブースも発見。日本だけでなく、海外でも着ぐるみのコスプレが人気です。

物販を扱うブースの中で一際いい匂いを出していたスイーツのブース。様々な色のケーキを販売していました。

物販のブース以外では、サーカスのような空中ブランコショーやプロレスショーもあり。アニメコンベンションという枠を超えていますね。

『アニメノース』ブースの様子をお届けしましたが、いかがだったでしょうか。冒頭にも書いたのですが、アニメコンベンションというよりもポップカルチャーの枠を超えた一大マーケットと捉えたほうが分かりやすいイベントだと思います。

規模は北米トップクラスというだけあって非常に参加者が多く、スタッフの人に話を聞いたところ、夕方からスタートした1日目は3万人を超えたとのことです。

20年以上の歴史のあるイベントですが、まだまだ成長している感じのある『アニメノース』、これからどうなっていくのか楽しみですね。