キャラクターグッズなどを扱うフォーサイドメディア(東京都中央区)は、漫画「北斗の拳」35周年を記念し、登場キャラクター「ラオウ」の兜を純金(K24)で再現した「"拳王"純金製兜」を、直販サイト「宝祭堂(ほうさいどう)」では2018年6月11日、「徳力本店 本社宝飾店舗」(東京都千代田区)店頭では6月12日から発売を始めた。

世界5個限定となる。

原作の武論尊・原哲夫両氏の直筆サインも

作中で最強と評される"拳王"「ラオウ」がかぶっていた兜を立体化。原型は、同作品の25周年企画でも兜を手掛けたという「謙信(ART OF WAR)」の職人による「1/1拳王兜」をベースに、鑑賞用工芸品として最適だとされる1/4スケール(高さ約115ミリ)にリサイズしたものを使用。頭頂の3本角や左右2本角の脇立て、コブラをかたどった前立て、兜鉢などを忠実に再現。

江戸時代から続く老舗地金商「徳力本店」の金加工職人の手により、1つ1つを丁寧に「誇り高き"拳王"の威厳と風格にふさわしい作品と認められるよう仕上げた」とのことだ。

製品にはシリアルナンバーが入れられるほか、ガラスケースごと収められる特製のハードケース正面には、原作の武論尊・原哲夫両氏の直筆サインが添えられる。

価格は250万円(以下全て税別)。

また、「"拳王"純銀製兜」、「"拳王"ポリストーン製兜」も同時発売する。それぞれ価格は35万円、2万4800円。<J-CASTトレンド>

“拳王”「ラオウ」の威厳と風格を純金で表現