伝説の作詞家・阿久悠と、昭和の絵師と謳われた劇画家の上村一夫が運命的に出会い、共作した初期の作品『人喰い』(双葉社/定価:本体1200円+税)が、このたび初めてコミックス化され、発売となりました。互いに天才と認め合った「生涯の友」による幻の名作を、ぜひ味わってみてください!
cover
1971年に描かれた異色漫画の初コミックス化!

昨年は、阿久悠生誕80周年、作詞家活動50周年。上村一夫漫画家活動50周年、というメモリアルイヤー。そして奇しくも弊社のコミック雑誌「漫画アクション」50周年でもありました。

劇画史に一時代を画したと評された上村の代表作『同棲時代』は、「漫画アクション」から生み出されており、昭和の輝かしい漫画文化を共に牽引して参りました。本作『人喰い』は、1971年1月より全12話として同誌に連載され、これまで一度もコミックス化されなかった、幻の名作です。

「おれがストーリーを書く、君が絵を描け」

広告代理店、宣弘社で出会い席を並べた上村を、阿久は「生まれて初めて出会った天才」と称し、上村は阿久と出会った事をきっかけに、本格的に漫画家としての道を歩みました。「おれがストーリーを書く、君が絵を描け」。阿久と上村は、生涯の友であり、刺激し合う仕事の相棒でもありました。

主人公の那美岐(なみき)は、芸能界で勝ち残るため、人を喰い漁り、用済みになった者を棄て去っていく女
主人公の那美岐    (C)上村一夫/双葉社

『人喰い』の連載開始と同年の秋に放送が始まった、伝説のオーディション番組「スター誕生!」。その立ち上げから関わり、鋭い眼光で審査員をつとめ、多くの人気スター輩出に貢献した人物である阿久が、人を喰い漁り、用済みになった人物を平気で棄て去って行く野望に満ちた強い女を、上村に託し作品として世に送りました。

本作『人喰い』は、芸能界で勝ち残る為に他者を喰いつくしていく一人の女を、作詞家として業界に名を馳せた阿久が斬り込み、上村が艶のある筆致で華を添えた、刺激的かつ隠れた名作です。

“都市伝説”として人々の噂の中にある“芸能界の闇”がどこまで真実なのか……そんな、巷の興味をも巻き込み、両作家の同世代から若い世代にまで楽しんでいただけること間違いなし!
那美岐は、高度経済成長の犠牲となった故郷を捨て、芸能界の頂点にのぼりつめていく  (C)上村一夫/双葉社
(C)上村一夫/双葉社
物語の合間には、阿久が書いたと思われる意味深な歌詞が、那美岐の人生をなぞるかのよう (C)阿久悠/上村一夫/双葉社

■試し読みはコチラから!
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-85170-0.html
(C)上村一夫/双葉社
◆発売日:2018年6月12日
◆原作:阿久 悠/画:上村一夫
◆定価:本体1200円+税
◆ISBN978-4-575-85170-0 C9979
◆336P
◆発行:双葉社

配信元企業:株式会社双葉社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ