気象庁は14日、現在は6時間先までの雨量分布予報を15時間先までに延長すると発表した。20日午前11時から実施する。台風や活発な前線による大雨の可能性がある際、夕方時点で翌朝までの雨量予想を地域ごとにホームページで確認でき、高齢者らが早めに避難するのに役立つという。

 気象庁ホームページの「解析雨量・降水短時間予報」を「今後の雨(降水短時間予報)」に衣替えする。パソコンやスマートフォンで各地域の雨量予想の分布図を自由に拡大、縮小して確認できるため、行動計画や交通ルートを変更し、大雨の地域・時間帯を避ける使い方もできる。