【通信制高校が描く新たな育成の形|第1回】神村学園が淡路島に来春新設、校長にOBの上船氏が就任

 淡路島で小さな育成革命が始まろうとしている。

 一流のプロサッカー選手、及び社会人を育成していこうと、新しい形の通信制高校が誕生。25歳と異例に若い“校長”が、このチャレンジを主導していく。

 来春新設予定の学校の名称は「エリート人材育成 淡路島学習センター」。学校法人「神村学園」が展開する広域通信課程で、サッカーに打ち込むには理想の環境が用意された。

 トレーニングに使用するのは、2002年日韓ワールドカップの際にイングランド代表が拠点とした淡路佐野運動公園。行政の快諾を得て、天然芝2面、人工芝1面のピッチを使用することができる。また育成アドバイザーには、現ヴィッセル神戸ヘッドコーチで、かつては横浜フリューゲルスで天皇杯を制し、浦和レッズでの監督経験も持つゲルト・エンゲルスが就任。同氏のパイプを活かし、育成改革を経て前回2014年ブラジル・ワールドカップで優勝を飾ったドイツの指導者を招聘することが決まっている。

 神村学園本校から運営を託されたのは、同校OBでドイツでのプロ経験を持つ上船利徳。若くして怪我で現役を退いたが、即座にセカンドキャリアの目標を指導者としての大成に転換、帰国後は5つのスクールを運営しながら、明治大学やプロ選手の個人指導のキャリアなどを重ね、JFA(日本サッカー協会)のB級ライセンスも取得した。

「通信制でも、全日制と変わらない高校卒業の資格が取得できます。むしろ通信制だからこそ、在籍中に外国や本校と離れた地域のクラブとプロ契約を結んでも、そのまま学習を継続することが可能なのです」

寮も完備、午前中にトレーニングを済ませてしっかり休養

 最近はJリーガーでも、通信制で高卒の資格を取る選手が増えているが、ここでは個々が主体的に学習時間を選択し、教師のサポートを受けながら進めていくことができる。

「朝の9時からトレーニングをして、午後は学習やセミナーに充てる予定ですが、もし天候の都合などグラウンドが使えなくなれば、臨機応変に勉強へと切り替えることもできます。生徒は集中して、それぞれの課題に取り組む。またテーマを設けて、ディスカッション形式で互いに意見を言い合える場も提供していきます」

 寮も完備し、全日制の高校と同じようにチームとして活動をしていくが、あくまで優先されるのは個の育成で、勝利至上ではない。

「高いレベルでプレーできる選手が出れば喜んで送り出します。しかし、残ったメンバーで最善を尽くしてタイトルも狙いにいきます」

 通信制のメリットを活かすことで、大所帯の部活が内包していた課題が解消できる。学習センターでは、プロの選手と同じように午前中にトレーニングを済ませるので、しっかりと休養が取れて、翌日にはフレッシュな状態でピッチに立てる。さらに専門家が栄養価を検証し、無農薬の野菜など新鮮な素材を活かしパワーの出る食事を提供していく。

在籍する3年間を「サッカー漬けにしない」取り組み

 それに対し一般的な強豪校の部活の現状を見れば、授業を終え夕刻から夜にかけてトレーニングをするので、とりわけ寮生の場合は、食事、入浴に加え、掃除、洗濯などの雑用までこなすと就寝する頃には12時を回る。さらに早朝練習が入るケースも多く、選手たちは慢性的に睡魔や疲労と戦い続ける。これは栄養と休養が生命線になる成長期と矛盾した悪習とも言える。

 理想の環境を整え、サッカーに集中しながら、効率的に卒業単位を取得する。しかも在籍する3年間は決してサッカー漬けではなく、各界のトップランナーを招くセミナーでは「人生設計に向けての軸を作ってもらう」(上船)プランも固めている。

 成功すればモデルケースとして、日本スポーツ界に新しいトレンドを生みだす可能性を秘めている。(文中敬称略)

(第2回へ続く)(加部 究 / Kiwamu Kabe)

加部 究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

神村学園本校から運営を託された上船利徳【写真:加部究】