立憲民主党など野党5党1会派は14日、選択的夫婦別姓を導入する民法改正案を衆院に共同提出した。夫婦が姓を統一するか別姓にするか選べるほか、別姓夫婦の子どもは出生時の協議でどちらかの姓に決定することを盛り込んだ。

 提出後、国会内で記者会見した立憲の山尾志桜里衆院議員は「選択を奪われている少数者の人権をしっかり保障する」と法案の意義を説明した。