2004年に米倉涼子さん主演のドラマ『黒革の手帖』がヒットして以降、人気が再燃している松本清張の社会派ミステリー。老舗劇団「前進座」の俳優11名が、清張作品を読み・演じる朗読劇シリーズが、7月26・27日の両日、東京・杉並区の「座・高円寺2」で行われる。

 15年続く同シリーズだが、特に今回は『ゼロの焦点』『或る「小倉日記」伝』『点と線』『西郷札』などいずれも代表作ばかり。文壇デビュー作『西郷札』に出演する若手女優の平澤愛さんいわく、

「長編も短編も約1時間の脚本に仕立ててあります。朗読でもない演劇でもない“朗読劇”でミステリーの世界をしっかりお届けするのは、演じる側の力量が問われますね」

 清張さんは1968年、海音寺潮五郎、大佛次郎、井上靖、水上勉各氏と前進座の次代を育てる“矢の会”を起ち上げた発起人でもあった。

「私も“矢の会”で育てられた俳優の一人ですので、朗読劇に出演できることは有難く、光栄に思います」

 同劇団では「大人のための朗読教室」を開催中。ストレッチ、発声練習、戯曲などを使った朗読という内容で、90分×4回コース。

「『一人暮らしで、声を出す機会がないから』と受講される方もおられます。前進座は歌舞伎も演りますので、歌舞伎の台詞回しにも挑戦して頂きますよ。朗読劇、朗読教室合わせて、お楽しみ下さい」

INFORMATION

前進座 朗読劇
問い合わせ・チケット予約 TEL 0422-49-0300
http://www.zenshinza.com/

朗読教室
問い合わせ・申込み TEL 0422-49-2633

(樋渡 優子)

平澤愛